ATM、CDの違いをしっているでしょうか。 ATMはオートマチック・テーラード・マシン。

その名前の通り、銀行の係の仕事を機会が実行してくれて、銀行の窓口業務中はもちろんのこと、業務終了後も利用可能。

主な仕事内容ですが入金、出金 振込、口座間振替、通帳記入、残高照会、クレジット機能を利用したキャッシュサービス、キャッシュカードの暗証癌号変更、1日当たりの振り出し限度額変更など CDはキャッシュディスペンサーの略。

ATMよりできる仕事は少なく、その代わり多くの場所に設置されてます。

仕事内容ですが入金と出金、残高照会 ATM、CDとも各銀行により若干サービス内容と利用できる時間が異なってます。

ATMのメリットは、通常窓口でしてくれる業務に近い役目を果たしてくれて、業務時間内でも窓口が込み合っているときATM操作に慣れていると格段に早く用事を済ませられます。

デメリットは銀行の入り口付近、大型ショッピングセンターに設置されていることが多くて、CDに比べれば設置台数が少なく、利用する時間も20時までなど制限があります。

CDのメリットですがコンビニや駅、病院などいろいろなところに設置。

銀行と提携しており手数料0円のところも多く、財布代わりにいつでも入金や出金可能。

そして365日24時間利用できるところが多いです。 デメリットはATMに比べてできる業務が限られており、1度にひきだせる限度額がATMに比べひくところも。

私は、給料日などお金の出し入れはコンビニのCDで。

休日買い物予算が足りない時ショッピングセンターのCD。

振込はATM。

月に一回通帳記入をATM。

まとまった出品があればATM(限度額の変更など) わかっていただけるでしょうが、財布代わりの利用はCDで銀行が割の利用はATMを勧めます。

海外ATMの利用

海外に行くと面倒になってくる両替。

両替手数料も高く、海外で現金をたくさん持って歩くのは怖いもの。

そこでスマートに旅行するならクレジットカードが便利ですが、やはり現金が必要となる場面も。

そうしたときに役だつのがキャッシング機能で、街角のATMでクレジットカードから現金をキャッシングできてさらに両替手数料もお得。

一般的ATMでの手順を紹介します。

キャッシュカードをATMに挿入後言語を聞かれますが、ここは英語で説明。

暗証番号を聞かれ(Please Enter Your ID)。番号を押しエンターキーを押しましょう。

次の画面でCash Withdarawal(現金引き出し)を選んでください。 口座を選びます。

CashCardを選びます。 引き出し額を聞かれ、表示された額の中で選びましょう。

確認があり、Press Correct(正しければ押す)のボタンやOKボタンを押して。 現金、明細、カードが出ます。

どれぐらいお得かは利用額により変わり、一般的な銀行で両替するときの手数料が1ドルにつき片道3円ぐらい。

クレジットカードは手数料なしで利子が年利10%後半。 両替額が多く、すばやく決済するほどクレジットカードのほうがお得。

クレジットカードにキャッシング枠がついてないものは、当然キャッシング行えません。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら