今からでも遅くないあなたがあなたらしく過ごす為に

自分であって自分がわからないのは
とても辛い事です。

他人に動かされてる自分ある意味、操られ天使なのですね。
3月は卒業のシーズンでもあり
今日は、そんな操り天使からの卒業の記事です。



他人から操り天使の卒業証書を貰えたら

どんな気持ちになりますか?

1.嬉しい2.やっと自由3.えっ、もう私の事見てくれないの?


当然、1.2の方は解放感にあふれ

自由に羽を広げて満喫できるでしょう。

めでたく卒業です(^^)/


でも、もしかすると

心の中では「えっ、私を嫌いになったの?」

そんな感じて思っているかもしれません。


表面は自由になりたいでも、心の奥底では自由は怖い


だって、自由に生きたことがないからと

身代わり天使は心の中にかくれています。


そんな身代わり天使を

あなたは守護天使として、ずっと守って来たとしたら

そこに、あなたと言う当体が居ないのは当然ですよね。


本来のあなたは

心の底に隠れていて、出て来ようとしない。

とにかく人が怖くて

何でも人に合わせるからと

心を閉じているのだと思います。


何故閉じてしまったのか?

それは、子供時代に影響があります。


しっかりとした安心感に包まれなかったのが原因です。



乳幼児の時点で得るべき

絶対的安心感の欠如だと言われています。


本来のあなたはそこで止まってしまってるのだと

考えれば良いと思います。


本当は、人の多くは怖くないのですよ。

でも、それを感じ取る事が出来なかったのですよね。

だから、人に依存して生きてきたのだと思います。


今からでも遅くはないです。

人の優しさを感じる事は出来ます。

そして、それは意外に近くにいるかも知れません。

もし、見当たらないのであれば

私が愛情のバトンをあなたに繋げます。

心から泣いて良いのですよ。

そして、そんな自分を認めてあげて

奥底の自分に伝えてあげましよう。


心を繋ぐバトンは

人に繋がって行きます。


そっと、手を出してみて

触れてみて

そんな心を感じ取る事を

ほんの少しの勇気でつかみましよう。








この記事を書いたユーザー

心の扉 このユーザーの他の記事を見る

気づきのカウンセリング「Believe Exit」の心の扉です。

生き辛さの中にあって

耐える事はあっても、何も信じる事はない

そんな声を多く聞いてきました。


精一杯努力もした

何を言われても耐えてきた

目の前の事に必死だった


でも、何も変わらなかった…


何が良くて何がダメだったのか?

そんな事も考える余裕がなかったと思います。


しかし、その何かに気づいていたら

何かを得たのかもしれません。


医師にも係った、カウンセリングにも通った

自己啓発にも率先して関わった…


そんなあなたの第一歩に繋がる様なお話を
お届けしたいと思います。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • 感動
  • キャリア

権利侵害申告はこちら