記事提供:NICOLY

ハイライトは使っているけど、ノーズシャドウは入れていないという女性は多いのではないでしょうか。少しでも美白に見せたいから、影なんて必要ないと思っていませんか?ノーズシャドウで影を入れないと、顔が白く膨張して大顔に見えてしまう原因に。美人顔を作るには、光と影を使って顔本来の持つ立体感を引き出してあげることが大切なんです。

メイクをするとき「ハイライトは入れるけど、シェーディングは入れない」人は多いのではないでしょうか。

シェーディングは失敗したら顏が暗くみえてしまいそうで、少しハードルが高いように感じます。

でも、ハイライトだけのメイクでは顏が白くなりすぎて、ぼんやりとした印象になってしまうかも……。

ハイライトで光を入れるなら、きちんと影も取り入れたいところ。
ノーズシャドウをシュッとひとはけするだけで、鼻筋の通った高い鼻に見せることが可能なんです♡

ノーズシャドウってなに?

そもそもノーズシャドウとは、シェーディング技術のひとつです。

シェーディングとは顔の凹凸に影をつけることで立体感を生むメイクのことで、頬と鼻筋に入れるのが一般的。

シェーディングメイクは小顔をゲットできるテクニックなんです。

その中でノーズシャドウは、眉毛の下から鼻筋にかけて影をいれることをいいます。

彫りを深く見せたり、鼻を高く見せたり、小鼻を小さく見せたり……と、ノーズシャドウはとっても多彩なんです。

どんなノーズシャドウを選ぶのがベスト?

ノーズシャドウ用のメイクアイテムもたくさんありますが、意外とアイブロウパウダーを愛用している人が多いようです。

アイブロウパウダーの中でも、色が多く入っている多色タイプのものがおすすめ。

色を混ぜて使えるので、自分に合った色味に調節することが可能です◎。

ケイトのデザイニングアイブロウN 1200円(税抜き)は肌馴染みのいい3色が入っています。

ノーズシャドウを入れてみましょう!

では、ノーズシャドウを入れてみましょう。

入れ方は、

1 アイブロウブラシかアイシャドウブラシにパウダーを取って、余計な粉をティッシュでオフ。
2 眉頭の骨のすぐ下の窪み部分に当て、斜め上のほうにブラシをさっと抜く。
3 眉骨の窪みから鼻の脇にそって、ブラシを滑らせる。

と、とっても簡単。

ポイントは鼻筋の中間までで止めること

また、内側にぼかすように描いていくとよりナチュラルに仕上げることができます。

そんなに暗めに感じない色味でも鼻筋全体に入れるとかなり影感が出ます。

「少し足りないかも?」と感じる八分目程度で止めておくのが良いでしょう。

もっと鼻を細く高く見せたい!という場合は、

●ノーズシャドウを入れたすぐ横の小鼻にハイライトをのせる
●ベースを作る際に明るいコンシーラーを塗っておく

と良いそうです。

写真を撮るときはノーズシャドウ効果抜群♡

ノーズシャドウの効果が最もあらわれるのが写真!

凹凸のあるきれいな鼻筋ラインが見えることでしょう。

「顔全体にメリハリがなくて、白く膨張してる……」なんてことにはなりません。

顔に本来ある立体感を引き出すには、きちんとノーズシャドウで影を出してあげるのが大事なんですね。

ノーズシャドウは顔の凹凸が少ない日本人の私たちにこそ、相性の良いメイクなのかもしれません!

written by かよちゃん

top image via we♡it

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス