北条と徳川が和睦を結んだことで、真田の前途には多難が待ちうけていた。
そこで昌幸(草刈正雄)は信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)を浜松城へやり、徳川家康(内野聖陽)に償いを要求する。
それは上田平に新たに城を築くことだった。

しかし反対に沼田領を北条に渡すよう迫る家康。昌幸は沼田城にいる叔父の矢沢頼綱(綾田俊樹)の説得を試みようとするが、頼綱は北条との戦いを選んだ。
そこで昌幸は、上杉景勝(遠藤憲一)の力を借り、沼田城を守ることを画策。その策をすべて信繁に任せる。

意気に感じた信繁は、策を練り上げ、一人で越後の春日山城に乗り込んだ。

景勝に対面した信繁は、沼田は正々堂々と戦って得た真田の土地だと語り、
真田には真田の意地がございます。武士としての誇りを守りたいと存じます」と胸を張る。
そして、上田平に築いている城は徳川に備えるための城であることを告げ、沼田領を渡せという北条と徳川に真っ向から戦うことを告げる。
さらに、そのためには上杉に力が必要だと訴える。

上杉家家老の直江兼続は「加勢をしろというのか?」と問い質すが、
信繁は戦芝居を持ちかける。

虚空蔵山城に攻め込んだ真田勢を上杉方が撃ち破り、その勢いで上野の北条軍に攻め入るという噂を流すというのだ。
景勝はこの策を面白いと共感。戦芝居に乗ることを信繁に約束する。

信繁が引き上げた後、景勝は「今、真田を敵に回すのは得策ではない」と兼続に言う。
そして「あの男に誠があるか試してみよう」と。
さらにこう続けた。

五度もだまされるなら、わしの器がそこまでだという事じゃ。


この策が見事に妙手となり、上杉軍が上野に攻め込むと信じた北条方は一端沼田領から兵を引き上げる。

信繁は「戦わずにして北条を退けることに成功した」と喜びを爆発したのだった。

(上杉景勝「真田丸」第10話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス