「孤独」という言葉は
愛に生きる人のために
あるように思う。

世間一般では
「寂しい」という
イメージしかないが、
本当は豊かなのだ。

結婚もしないで生涯独身、
一人寂しくこの世を去る、
なんてのは
孤独と愛を知らない人の
妄想でしかない。



愛しあえる人と
一緒に生きるのは
素晴らしいこと。

だからと言って
お互いのことを
尊重するためには
「個性」をすべて
受け入れることが
最低条件になる。

まあ相当難しいが、
「ありがとう」と
「感謝してる」ことを
忘れなければ、
恋が冷めても愛は残る。



「ずっと一緒だよ!」
という言葉は
可愛らしいが、
その言葉を発した側が
言葉に負ける。

「愛してる。」
だけでいいのだ、
「ありがとう。」
だけでいいのだ、
「幸せです。」
だけでいいのだ。

お世話になった
タバコさんにも同じ、
「愛」を伝えたら
「愛」が返ってくる。



【愛煙セラピー「2189」】 

『自分を愛するというのは
孤独を愛するということ。
孤独を愛せるから
人の気持ちがわかる。
寂しい人の心を
温められるのは、
孤独をこよなく愛せた
変人だけだと思う。』

2016/03/12
愛煙セラピスト
志村嘉仁

「変人」だって(笑)
書いていて笑ったが、
本当にそう思う。

孤独ってのは
自分のすべてを
見つめられるわけだ。

ありのままの自分を
受け入れるのは
簡単ではないが、
自分の考え方と行動を
観察していると
ただただ楽しい。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら