東日本大震災が発生し、福島の原発が事故を起こしてから5年…。太陽パネルは増え、自然エネルギー、再生可能エネルギーによる発電も増えた。しかし、原子力発電はなくならないし、先日高浜原発は裁判所の判決で強制的に止まったなんて1つの原発を止めるだけで反対派が歓喜乱舞し、電力会社は困惑する…。

そんな状態はなぜ続いているのか…?あれから5年なぜ原発はなくならないのでしょうか?ネットで調べてみても国が国策で主導しているから電気会社やメーカーがリスクなく儲かるなんて与太話しか出てこない。そんな話ではなく「なぜ」に迫ってみました。

原子力発電を作っているメーカーが止めたくないという嘘

まず、メーカーが止めたら儲からなくなるからだという嘘から話していきましょう。まず、最初に言っておきたいのが止めたとしても廃棄やメンテナンスにお金がかかります。ですのでメーカーが儲からないというのは嘘です。もちろん動かす方が、原子力発電だけを考えると儲かるでしょう。

しかし、原子力発電機を作っている主なメーカーである三菱重工、日立、東芝といった会社は火力も作っています。一時期話題になった火力発電の後にその蒸気で発電するガスタービン・コンバインドサイクルだってこれらのメーカーの多くが作っています。

ついでに言っておくとこれらの会社は太陽光発電のパネルなども作っています。要するにこれらのメーカーは原発が無くても儲かりますし、困らないのです。

原発を止めても誰も困らないという嘘

さて、原発を止めても節電すれば誰も困らない、節電すれば電気は足りているという嘘について今度は話していきましょう。確かに表向きは足りているように見えます。余力が殆ど無いけどなんとか足りているという状態ではある物のなんとか足りています。

しかし、それは無理の上で足りているというのが現状です。電気が足りないとなると工場を止めたり、どこから誰かが節電と無理して冷暖房を付けていなかったり…。そう言った上で足りているのです。

今より節電が騒がれていた時、コンビニに入ると外よりも中の方が暑かったり、寒かったりするというコンビニがありました。もちろん言うまでもなく、夏に暑く、冬に寒いのです。そして、中で店員さんが汗びっしょりや寒いと凍えているのです…。聞いてみるとオーナーが節電と称して、冷暖房をすべて切っているそうです。

夏は交代で飲料用の冷蔵庫の中に整理という名目(もちろん本当に整理もするわけですが)で入り、冬は蛇口のお湯を溜めて手を付けて凌ぐのだそうです。これが全てだとは言いませんが、これが進むと家で寒いのに暖房を入れずに凍え死ぬなんてことになりかねないのではないでしょうか?

無理な節電を続けるとどうなるのか…。

ここで書くのはあくまでも極論になる部分です。無理な節電をして工場を止める…。結果仕事が減るわけです。しかし、従業員に無理はさせられないと一定の給料は休んでいても支払う…。これを続けるともちろん会社は潰れます。潰れなくても給料は下がります。

電力会社としても電気という商品が売れないわけですから、対応に奔走され、電気の単価が上がります。電気料金が上がる、みんなの給料は減る…。お金がかかるからあまり電気が使えないから冷暖房を切る。すると電気が足りる…。いやいやいや…、違う違うってなりますよね。凍え死んだり脱水症状や熱中症で死人が出てしまいます。

それじゃあ、困りますよね…。人が減れば必要な電気も減るから万事オッケーなんて考えている人は反原発の中にもいないはずです。

原発推進派がいるから止まらないという嘘

今度は原発推進派がいるから止まらないんだという嘘について、書いていきます。色々なところで原発を作っているメーカーなどのお話を聞く機会もありました。そういう方々は大体、「消極的脱原発」とでも言いましょうか、即時停止ではなく、しっかり準備してゆっくりと脱原発をするべきという考え方の方が実に多かったです。

今すぐ停止は現実的ではないが、このまま動かし続ける事はないし、新しい原発を作る事も難しいだろう。そう思っているのです。上の方の人達がそう思っているかはわかりませんが…。少なくとも現場ではそう思っているのです。現場と言っても作業員ではなく設計や開発の人達です。

原発で時間を稼いでいる間に他の物に力を入れればいいと言う話なのです。

しかしながら5年も立ってなぜ未だに原発依存から抜け出せないのか…?

原発がないと電気が足りなくて困ると言われていたのは5年前もそうであったし、なぜ改善しないんだ…?と思われている方も多いのではないでしょうか?私自身もそうです。

まずはメーカーや電力会社はどうしていたんだと言うと、思いの外反対が多く、厳しい要件をつきつけられた結果そっちの対応に手を取られてしまい、他の物に割く割合が減ってしまったのです。

では、反原発の人達はどうだったのでしょうか?一部ちゃんと動いていた人もいますが、正直騒いでいただけ…。音楽を鳴らしてドラムを叩いて、反対反対と叫び、時には原子力発電所の中に入り込もうとしたり、邪魔をするだけ…。

そうこうしている間に、原発の代替えエネルギー政策は遅々として進まず…。メガソーラーもあるところにはあるけれどもと言った状態になってしまったのです。

反原発の団体が本来できたやるべき活動

太陽光発電システム導入にかかる費用を算出する時に、ひとつの基準があります。
それは「1kWあたり41万円、50万円」という目安です。 例えば、3.5kWの発電能力がある太陽光発電システムを導入する場合、その初期費用と工事費はあわせて[41万円×3.5=143.5万円][50万円×3.5=175.0万円]だと考えればいいわけです。

出典 http://kakaku.com

こちらの引用を見て見るとわかりますが、1kwの発電システム(太陽光発電)を作るのに大してかかる費用です。まあ、ここでは高い方の50万円で計算しましょう。

ちなみに今話題の高浜原発の3号機は87.0万kWです。これを基準に考えてみましょう。
1万kw発電する為には1万×50万円で50億円です。

だからどうした?と思われた方も多いと思います。反原発で集まった人の人数は
2012/06/29の反原発デモで15万人
2012/07/29の「脱原発 国会大包囲」で20万人
とコンスタントにかなりの大人数が集まっています。

皆さん手弁当で自分で交通費を払ってきていると思います。
平均が500円としても20万人居たら1億円です。
ペンライトを持ってきたり、専用のペイントを施した脱原発ドラムを用意したり…会議する場所を借りたり、集まる場所を借りたり…。他にも色々経費がかかっているはずです。全国のデモを足すと回数もかなりの物ですし、人数も集まっているでしょう。

反原発デモの延べ人数を少なく見積もって5年間で2億人位だとしましょう。
経費を一人平均1000円と見積もったとすると、デモに掛かった金額なんと2000億円で高浜原発の半分40万kwの発電機が作れてしまいます

まあ、こんな与太話は横においておいて…。そのくらいパワーが合ったはずなんです。デモに参加しなくても、太陽光発電のパネルをみんなで設置しようと活動すれば、高浜原発と同じ位の容量の発電機くらい買えたでしょう…。そっちに力を割くべきだったのではないでしょうか…。

今後の事を考えてみると…。

まず第一に考えて欲しいのは誰も永続的に原発を動かしたいとは思っていないというところです。とりあえず、反原発を叫ぶだけのパフォーマンスをするのではなく現実的に止める方向に行かせる為に原発が必要ない環境づくりを行う事が大切なのではないでしょうか?

先程述べた太陽光発電については夜発電できないなどデメリットもありますし、風力や波力もメリット・デメリットがあります。人力発電…は流石にパワーが少ないすぎる…。

そういった事を踏まえて何で代用するのかと言う事をしっかり考える事が本当の脱原発への近道なのではないでしょうか…。騒いでも止まらないと言う事はこの5年間で十分わかったはずです。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら