日本の学界「歴史」記述によく、
1960?年代あたり
「共産主義思潮」があった、
と 表現されている。

実際当時の世界で
流行ったのは「テロ思潮」

「共産主義」を「左」というなら
これは「極左」で
すなわち「テロ」

だから
当時日本に流入したのは
この「テロ思潮」であり、
「共産主義思潮」ではありません。

日本の「学界テロ」は
中国文革の影響を大きく受け
当時中国語を少し 
かじった者も多い

年齢層は
「団塊」の前後が多い

特徴は
学問的専門性も実績も
皆無に近い、

行き着くところは他人、
特になくなっており
かつ実績が莫大な者をやり玉に

「帝国主義」だと狂吠えする
本人から反論できない、と計算
この「狂吠」を
自らの「実績」にする。

この「日本学界テロ」は
学界では皆に怖がられ
「さわらぬ神」になっている。

彼らが龍蔵を狙い撃ち

そのため、
龍蔵顕彰運営側は
常に彼らの顔色を覗い

「講師」に招いたり・・・
至れり尽くせり の 「意気地なし」!

ひょっとして、
「テロ派」は運営側にも入っている?
可能性としてはありうる?

そのため、「顕彰」とは言え
いつも、ちんちくりん!

「共産主義」中国の発言(前篇ご参照)
の足元にも及ばない!

・・・・・・・・・

前篇で
「学界テロ」の真相がはっきりした。

この先の顕彰活動が
「学界テロ」の「呪い」から
解放されうるか?

龍蔵を選ぶか
「学界テロ」を選ぶか?
この先の「動き」で
明白になるであろう。

・・・・・・・・・・・

この記事を書いたユーザー

ホタル このユーザーの他の記事を見る

なんでも?新鮮!ちょっとのことでわくわく喜びます。気持ちは子供の時と一緒!だから、毎日が楽しい!
道端の花草を見ても感動し、野良ちゃんたちに会うと挨拶を交わす。したことのない仕事にも飛びつき、楽しむ!もっともっと広い世界に出会ってゆきたい!どうぞお力を貸してくださいませ!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス