「98円」や「298円」など「98」が付く値段の商品が多いですよね。これにはどんな理由があるのでしょうか。

「98」が付く理由

なぜ198円のような端数の価格が安く感じるかと言うと本来であれば、店側は200円としたいがお得感を出すという暗示がかかり、198円という数字が安く感じらるのではないだろうか?更に端数を切り上げることなく、190円台として脳が解釈され「安い」という暗示がされるのではないだろうか。

出典 http://www.urusube.com

198円だとお釣りが返ってくるので、消費者はお得に買い物することができますね。

店側にとっては、200円で売れるものを198円で売ることは単純に計算すると2円の損になるが、計算上2円得した消費者は、それ以外の多数の利益の高い商品も買うことが多い。よって店側は2円以上の利益を得るのである。

出典 https://ja.wikipedia.org

店側は損に見えますが、他の商品も売れることで、さらに利益を上げることができるのです。

他にもさまざまな理由が

イチキュッパは語尾がパで終わるため音感がよく、8は日本では末広がりで縁起が良いともされるため、よく使われるともいわれる。 また、イチキュッパの「8」という数字は非計画購買を喚起させる心理的作用があるからともいわれている。

出典 https://ja.wikipedia.org

「8」という数字は縁起が良い、心理的作用があるなどさまざまな理由があるようです。

「98」が付く値段設定にはこのような理由があったんですね。

この値段設定は消費者と店側に大きなメリットを与えるのです。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら