山猫(亀梨和也)を拳銃で撃ち、バー「ストレイキャット」にやってきた勝村(成宮寛貴)。コピーライターは仮の姿で、本当は結城天明に雇われている殺し屋カメレオンだと高杉真央(広瀬すず)と宝生里佳子(大塚寧々)に打ち明ける。

里佳子は「あなたがカメレオンだと知っていて、山猫はあなたを受け入れたのでは?」と疑問に感じる。
勝村が「その心は?」と聞くと、真央が「あなたが変わることを期待していたからでは?」と言う。
そしてこう続けた。

「本当に何も変わらなかった? 山猫と会って、私たちと会って、何も変わらなかった?
だったらどうしてあのとき、泣いてたの?
なんであんなキレイな涙が流せたの?
私は勝村さんと会って変わったよ。
仲間なんてマンガやアニメの世界だけだと思ってたけど、でも本当にそう思える人たちで出会えて、それを口にできる喜びを知って…。
勝村さんは私たちのこと、仲間だって思ってくれてなかったの?
私は、私は…」

この熱い思いにも応えず勝村は里佳子と真央をロープで縛り、まいた灯油に火を放つ。

必死に逃げようとする二人。
真央が自分のロープをほどくと、里佳子は一人で逃げるように説得する。

しかし真央は里佳子を助けようと必死になる。
そしてこう言った。

一緒に生きるの。

ロープがほどけた二人だが、部屋の中は火の海。もう逃げることはできないと覚悟を決めた二人は抱き合う。
すると、里佳子がこんな告白をした。

あんたがうちに来てから、私のコアはあんただった。


二人の遺体が発見されたとテレビニュースが放送する中、山猫はケガを押して関本修吾(佐々木蔵之介)を助けにいく。
さくら(菜々緒)に追い詰められて警察の屋上から飛び降りる二人。
降り立ったトラックの運転席には垣内結菜(伊藤沙莉)がいた。真央をいじめていた同級生だった。山猫の協力者となったのだ。

(宝生里佳子「怪盗山猫」第9話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス