スペイン からの講師 
アパ・ラファエルさん は
「国際的学者鳥居龍蔵」
という視点から
鳥居龍蔵を講じた。

アパさんだからこその視点だ!

「閉鎖的な」日本学界は
この視点を持てず、
龍蔵のことを「理解できない!」 
と連呼するものが多い。

これもムリがない:
「狭く深く」をモットーの日本学界
決して語学堪能とはいえない・・・

「広く深く」
かつ8ヶ国語くらい堪能の
龍蔵の思考回路学問的手法

それに、空前絶後のフィールドワークに
その学問的開拓のスピード、
恐ろしいくらいの量・質に
ついていけるのは

天才龍蔵なみの天才でないと
生涯をかけても、
その片鱗も
つかみ切れないのは「実情」

だからこそ
「海外援兵」を招来したのでは?
恥ずべきことかどうか、を別に、

実際、海外援兵のほうが実力者だった!

中国のドンさん
スペインのラファエルさん

日本では「数少ない?」
非常に純粋なお人柄のお二方だ!

彼らの内面の純粋さが
彼らを龍蔵に導いたのかも?

かつて日本の名高い純学者で
龍蔵のよき理解者:
大林太郎、佐々木高明、斉藤たかし、
など諸先生は、
残念ながら、もう去ってゆき・・・

その隙間を突いて出てきたのが
「学界テロ」だった!

・・・・・・・・

話を戻します:

ラファエルさんは
龍蔵学の重要なポイント
即その「だんとつした国際性」を指摘

正にこの「国際性」によって
龍蔵のアジア研究は
パイオニアとして
西洋と結びついた、

という龍蔵の持つ国際性の
国際的学問の交流への貢献

龍蔵学の西
洋への流入受容を述べ

1910年あたりから
龍蔵のアジア調査の
フランス語諸論文は
西洋で高く評価された。

・・・・・

ラファエルさんが
鋭く指摘されたのは

それまでの
日本の人類学考古学は
狭い日本列島内で行なわれたが、

龍蔵は
この「枠」を突破し
アジア周辺国調査に乗り出し
日本人起源研究を
広~い地域で行い

そこから、
実物をもって仮説を立てた

これにつき、
ラファエルさんは
数年前から克明に指摘しており

そのご指摘に基づく、

最近「自分の研究として」
本を書き、
金稼ぎをする人も
いるようだが?

これはりっぱな「盗作」だぜ!
外国人学者ラファエルさんの
研究を盗んだものだぜ!

自白して退散しろ!

全くどうしようもない

・・・・・・・・・・・・・・

余談ごめん!戻します。

龍蔵の国際性に着目はすごい!
正に龍蔵研究の「盲点」!

これに気付かない日本学界、
国際性欠如のため、
「協調性」やらなんやらと
異才龍蔵を貶すが

これはスケールが
余りにも小さいからであり

外国のことわざで
「ひよこ が 鷲 を評する」に当るもので
全く話にならない!

ラファエルさんは
これらを見抜き、
国際的学者鳥居龍蔵を
高く評価し

人類学の大事な基礎を築いた、
とはっきり評価した。

龍蔵の国際的学問を基礎に
それに基づき、
継承し発展させるべきだと、
堂々と主張した。

ラファエルさん、ありがとう!

・・・・・・・・・・・

海外学者ラファエルさん、ドンさんなど
右顧左眄することなく
堂々と発言し
論理整然に

純学者鳥居龍蔵を高く評価し
その顕彰継承を唱えたことは
なんとも痛快な発言だ!

拍手・喝采だ!

・・・・・・・・・・

日本の学界で
日本人学者も
このような痛快な発言が
できる日になってはじめて

龍蔵顕彰が
本当に軌道に乗った! 
といえるであろう!

その日まで、
彼らのような「海外陣」に
まかせるしかない?!

・・・・・・・・・・・
すばらしい「海外陣 顕彰部隊」に敬礼!
ありがとう!

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

海外にも詳しい皆さん
多くの助言・情報
本当にありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたユーザー

ホタル このユーザーの他の記事を見る

なんでも?新鮮!ちょっとのことでわくわく喜びます。気持ちは子供の時と一緒!だから、毎日が楽しい!
道端の花草を見ても感動し、野良ちゃんたちに会うと挨拶を交わす。したことのない仕事にも飛びつき、楽しむ!もっともっと広い世界に出会ってゆきたい!どうぞお力を貸してくださいませ!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら