Licensed by gettyimages ®

子供の笑顔が大事なら、ママの笑顔を消さないで!

子供が小学校に入る時には、子供会への加入を促されます(任意です)。

多くの地区では、子供が小学校に入るときには、『子供会』への加入が促されます。
でも、これは任意です。子供会費は自治体によって違いますが、年間千円~二千円程度。ひどく高くも無いですし、地域によっては最初の登校時にお世話になることもあるので、なんとなく加入される方が多いです。

しかし、一度入ったら役員をやるまでは抜けられない。ある意味地獄の日々の始まりです。“子供の為に”多くの親御さんは、そんな気持ちで入ります。
ですが、実情は子供会の為の子供会!

役員の押し付けあいに始まり、裏工作、悪口、結託、仲間割れなど、おどろおどろしい人間関係の始まりです。くじ引きで決めるなどは、まだ可愛いほう?

そして役員が始まれば、あまりの雑用の多さに
・夏休みが平日の半分近く潰れる。
・長い旅行、帰省は行事の合間を縫うようにする。
・週末の行事があるため、家族でお出かけが出来なくなる。(もしくは、お母さんだけ役員の仕事に出る)
・自分の子供が出ない行事にも子供をひとり置いて出て、学校への引率などをしなくてはならない。etc.

シングル母や父は、子供会に入らない、または役員免除などが出来ることもありますが、“シングル状態の母”などは、当然そんな措置はありません。共働き家庭などでは、祖父母が役を負担する場合もあるようです。

PTA、子供会、共に任意加入のはずなのに、なぜか入らなければならないという雰囲気、陰口、プレッシャーは大きいです。
これには、実は学校側が生徒を家庭から把握する為にも協力させている意味合いもあるのです。

子供会入会自体は、さほど大したことではありません。が、しかし、役員となると大変です。先に述べた何項目かの事だけでなく、昔の嫁姑関係に似た「私達も苦労してやったんだから、あんたもやりなさいよ!」的な無意味な対立構造もあります。

経験者がいるとか、前年度の人達の協力がある時は良いですが、引き継ぎが強い所はそれはそれなりに大変ですし、右も左もわからないメンバーが揃ったときも、大変です。

どの場合でも会の中でうまく立ち回る要領がないと、間違いなく陰口の対象になります。

また、PTAは子供が大きくなれば、なんの関係もなくなるのですが、家、マンションの購入をした家庭は引っ越し以外、その呪縛から逃れることはないかもしれません。

昔は地区の役員、PTAの役員、子供会の役員などは、ある程度出来る人や、自営業で顔売りたい方、好きでやってくれる方などで、運営していたような気もするのですが、最近はそういった感じは少なくなりました。
(ちなみに私の住む所では地区の自治体、子供会、PTAと三つの役員があります)

昔、プロPTAを立ち上げる小説が原作のドラマがありましたが、多少のお金を払っても、そういった方達が居れば…と、切に願いました。

もしくは、不要な行事などはいくつか無くなっても良いのではないでしょうか?または行事で、役員の役割を軽減するため、役員で無い方も協力するという仕組みがきちんとあれば、少しはましになります

もちろん、うまくいっている子供会や班もたくさん有るでしょう。
ですが、これらの負担や人間関係に悩まされて身体や心を壊しかける方、壊した方もたくさんいます。もうすこし前には、自殺まで追い込まれる母親もいました。

最近では保育園問題もありましたが、これ以上、子供を生んだ女性に負担を掛け続けるのは、やめて頂けないでしょうか?

働け、輝け、家事もやれ。子供生め、きちんと育てろ、その周辺の人間関係も役員もそつなくこなせ…。ひとりの主婦の愚痴かも知れませんが、多くの女性に関わる隠れた問題です。



この記事を書いたユーザー

自由写真家うみ このユーザーの他の記事を見る

自由写真家うみです。
プロフィール写真、記念写真などを撮ります。
写真作品も展示販売します。
綺麗な景色や素敵なお店も好きです。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 広告
  • グルメ
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス