『猶予』を勝ち取るため動き出した恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)。しかし陽光学苑の恵美子(麻生祐未)先生のもとを訪ねると、一年前に引っ越していた。

唯一の手がかりだっただけに、絶望感に襲われる恭子。友彦の最後の提供が迫っているため早く見つけたいと焦りを隠せない。

そんな恭子に友彦は笑顔を見せてこう言った。
せっかくなんだから楽しもうよ。

恭子はこれに反発。
「何言っているの?これは美和がくれたチャンスなんだよ。」
と一生懸命やろうと言う。

すると友彦はこう言った。

俺、もらったのは夢だと思うんだよ。俺らにとっての夢でしょ。猶予って。
だから叶わなくても仕方なくって…。
でも、追いかけるなら楽しもうっていうかさ。

(土井友彦「わたしを離さないで」第9話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら