こんばんは
目にとめていただいてありがとうございます

 ちょっと家の中でも寒いですが、みなさんのところはどうでしょうか?
 寒暖差での体調不良に気をつけてくださいね

 今回はワタシ流美髪を作るための洗髪やそのあとのケア方法をご紹介します

☆シャンプーの時に指先で軽くクルクル円を描くように泡で洗う☆

以前まではワタシゴシゴシとしっかり洗っていたんですが、そうすると必要以上に油分を洗い流してしまってかゆくなりやすかったり少しの汗でニオイが気になるようになったんです。
たまたまカットしてもらっていた美容師さんにこのことを聞いてみたら、洗い過ぎだよって教わったんです。
頭皮も顔とつながっているので皮膚自体は顔と変わらないとか。
洗顔も手指ではなく泡で洗うのが理想なように、頭皮も泡で表面のホコリや汗などの汚れだけ洗うようにすると、乾いてから皮脂が多く分泌されて結果毛穴詰まりの原因になりやすくニオイやすくなっちゃうんだそうです。
なので指を泡だて器のようにすぼめて軽くクルクルと洗うように意識したらニオイも起きにくくかゆみも治まりました。

☆2回に1回のトリートメントでケア☆

今は高保湿や修復成分が入っていて量もたっぷりなのに安いトリートメントがありますよね。
確かに高めのものも良いのですが、もったいなくてつい使うのを渋りがち…。
でも安価でしかも量も多いコスパのよいトリートメントなら2回に1回の割合でケアができちゃうんです。
ワタシはトリートメントを毛先から順に根元に向かって数回に分けてつけて全体に馴染ませたら、手を使ってまた毛先から軽くキュッと髪をにぎっていくようにしています。
コンディショナーも同様にこのひと手間だけで指どおりが軽くなりました。

☆アウトバストリートメントと冷風の活用☆

 タオルドライをしっかりした後にクリーム状のアウトバストリートメントを馴染ませてからドライヤーをするようにしています。
補修効果もありますし、摩擦の軽減にもなるのでキューティクルも傷みにくいようです。
ドライヤーの時のワタシ流のひと手間は、髪がほとんど乾いたら冷風と手ぐしで髪を冷ますこと。
ドライヤーの熱だけだと広がり気味のキューティクルが閉じてまとまりやすく、ツヤも出るみたいで仕上げに2~3分冷風&手ぐしをするようにしてから翌日もツヤとまとまり方がいいです。

                   ☆おまけ☆
 なんとなく毎日洗っている首からデコルテ部分。
実は皮膚に薄さが顔とほぼおなじなのだそう。
だからボディーソープではなく洗顔料の泡で洗うのがいいのだそうで、化粧水などの基礎スキンケアを顔から流れでデコルテまでするといいようです。

いかがでしたでしょうか?
毎日のひと手間で、美髪を手にいれていただけたら幸いです。

この記事を書いたユーザー

漣~さざなみ~ このユーザーの他の記事を見る

はじめまして。
漣~さざなみ~と申します。
自身はメイクや美容と猫が好きです。
私自身のメンタル系(軽度のハンデ持ち)の内容でブログも書いたりします。
よろしくお願いします

得意ジャンル
  • 動物
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら