ヨセフは彼を誘惑してきたポテファルの妻に言った。
「私は、どうしてそのように大きな悪を働いて、
神に罪を犯すことができましょう。」創世記39:9

キリストは御子として
  神の家を忠実に治められるのです。ヘブル書3:6

        (ローズン ゲン日々の聖句3/10;木)

 御思いを受けて、忠実に実行する者だったのですね。ヨセフもイエスも。

「みこころが天で行われるように地でもおこなわれますように」(マタイ6:10)

「わたしは自分自身からは何事もせず、
 ただ父がわたしに教えられたとおりに 、これらのことを話していることを~」(ヨハネ8:28)

「彼らが、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配(統治)するように」(創世記1:26)

 イエスの十字架刑で処刑をとおして来て下さる「聖である霊」と呼ばれる方。
この方が、受け入れる者の心に置いてくださる父である神の、私に関わる御思い。
その御思いについていくとき、父である神がわたしを通してしようと思っておられることが成っていき、
イエスに似せらて、神の家を忠実に治める者、御思いを地にもたらす者、持って来る者とも呼んでいただけるのでしょうか。
私たち。
今日も。



[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]



<ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>



[269RANKのランキングサイト]



"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス