毎朝、メイクに5分☆髪を整える時間ゼロにできます。
今、女性は忙しいのです。特に朝の時間は貴重ですよね。

では、どうするのか。

くせ毛の方、朝大変じゃないですか?

縮毛矯正が伸びてきた方、
まっすぐなところと
出てきたくせ毛に、
どう対処していいのか・・・・

え、毎日くるくるドライヤー?
ブロー!?

コテで巻き髪・・・!?

朝から、ストレートアイロン!?

縮毛矯正してるのに!?

メイクにどれだけ時間をかけて・・・

朝から!?

朝、メイク5分☆
髪を整える時間ゼロにできます。

毎朝、これでメイク5分。髪を整えるのに、ゼロ分です。

毎日です。
毎日、お風呂の後も朝もドライヤーも使いません。
もう何年も、自宅でドライヤー使っていません。

美容師なので嫌ってほど、仕事でドライヤー使いますが・・・

さて、どうするか?

一つずつ、参ります。

女性のロングヘア・くせ毛・縮毛矯正されている方にお知らせしたい。

出典 http://ameblo.jp

断然にオススメなのが、デジタルパーマ

デジタルパーマの良いところ

とにかく楽です。コテで巻いたようなカールが実現します。もうコテは要りません。えー、、、前にあてたけどすぐ取れた・・・という方。はじめからゆるくすると取れやすくなります。デジタルパーマの場合、しっかりめにあてても手グシでぐっとひっぱるとカールの大きさを変えることができます。これは、従来のパーマにはないものです。

出典 http://basic-laboratory.jp

さらにオススメなのが、くせ毛の方です。ウェーブはいらない・・・とあれば、くせ毛を落ち着かせる効果もあるデジタルパーマ。縮毛矯正、やりたてはいいけど、くせ毛が伸びてきたらストレート過ぎるぴんぴんでまっすぐな髪と、くせの出てきた髪が不自然に・・・。結局毎朝、ストレートアイロンを使っている方も多いようです。そんなのナンセンスだなあと、わたしは思います。ゆるくデジタルパーマしておけば、伸びたくせ毛になじみます。伸びた時が楽なのです。

いつもありがとうございます!
Basic
Laboratoryスタイリストの内田です。
http://basic-laboratory.jp/
::::::::::::

デジタルパーマの注意点

まっすぐのストレートが好きなの!という方は、縮毛矯正されるほか手段がありません。また、傷まないパーマとうたっている美容室もあるようですが、実際は大変な髪へのダメージとなりますので、毎日のケアが大切です。

出典 http://basic-laboratory.jp

ここで、家でトリートメントなんて面倒くさい!時間を置いているヒマがない!子供と一緒にお風呂に入るし!と、言う女性も多いのですが、実際はトリートメントをつけた瞬間に髪に浸透しています(メーカーに確認しています・髪の状態・個人差あります)ので、時間を置くとより良いというだけで、時間を置かないとダメ!では、ないのです。勘違いされやすいところです。

また、コンディショナーではデジタルパーマのカールをキレイに出すことは実際に難しい。コンディショナーはリンスと同じ、表面をつるりとコーティングするだけなので、つけた時はツルツルするけど、乾かすとパサパサになります。

出典 http://basic-laboratory.jp

髪のダメージとは、髪の内部に必要な栄養分が不足している状態をいいます。トリートメントは、髪の内部に栄養を与える栄養剤みたいなもので、コンディショナーとは違うものですが、違いが分らない方がとても多いことに、美容室でのお客様から驚かされます。

ヘアアイロン・コテ・ドライヤー等、使ってません↓

出典 http://ameblo.jp

髪の状態が良いと、デジタルパーマは洗いっぱなしでこうなります。

メンズ・ショートスタイルの方

やはり朝に楽をするには、パーマがおすすめですがロングでない場合デジタルパーマでなくても大丈夫です。従来のパーマで対応可能です。ここでもやはり、パーマ恐怖症の方には引用元の記事を参照ください。

出典 http://spotlight-media.jp

男性や、ショートスタイルの方にパーマをご提案すると必ず言われることが、くるくるパーマは嫌というご意見。パーマというと、もうくるくるする!という思い込みのお客様も多いのですが、髪の流れを作るパーマです。メンズの朝のヘアセット・・・ワックスがうまくつかない!なんて方が多いと思います。ここで、パーマをしておけば朝簡単にワックスができるわけです。また、サイドの髪が広がる!など、くせを抑えるデザインも可能です。つまり、自分が楽をするためのパーマなのです。

さて、最後にメイクです。

① シーンを考える
② 基礎化粧品をやめて、ベースはオイルに変える
③ まゆずみ、アイブロウは使わない

出典 http://ameblo.jp

実は、この3つのポイントを押さえればメイクは簡単に時間短縮できます。

① シーンを考える・・・について

今日は、いつもの日なのか、お出かけなのか、会議があるのか・・・シーン別で考えておくと、メイクのとき迷いません。ある程度、シーン別で決めておくという方法です。

出典 http://ameblo.jp

いつもの日を5分に設定します。それより、少し凝ったメイクになる日は、10~15分と設定したとします。いつもの日は、いわゆるひき算メイクです。アイライアンや、凝ったグラデーションのアイシャドウなど、アイメイクには当然時間がかかります。アイラインだけにする、マスカラだけにする、アイラインのかわりに濃い目のアイシャドウを細く入れる、などひき算の方法はたくさんあります。

② 基礎化粧品をやめて、ベースはオイルに変える・・・について

基礎化粧品の怖さについては、またの機会に記事にいたしますが、ファンデーションの下地はオイルだけで十分です。

出典 http://ameblo.jp

化粧水など、水分のあるものをつけるとくずれやすくなります。下地をオイルに変えるだけで、化粧水・・・乳液・・・美容液・・・ベース下地・・・これらをはぶくことができます。かなりの時間短縮になるうえ、ベースにオイルを使用すると化粧崩れしません。

③ まゆずみ、アイブロウは使わない・・・について

みなさん、いちばん眉毛に時間を取られているように感じます。実際、眉のメイクは難しい上お顔を印象を一番変えてしまうといっても過言ではありません。ここで、まゆずみ、アイブロウを使うと本当に時間がかかって、修正も難しい。メイク直しのときも、直しにくいのが眉のメイクです。じゃあ、何を使うの?となりますが、誰でもお持ちのブラウンのアイシャドウです。ふんわり、簡単に描くことができるのでこちらでも時間短縮に一役かってくれる方法です。

出典 http://ameblo.jp

実際、明日からブラウンのアイシャドウで眉を描いてみてください。いつもより時間短縮できるはずです。

いつも、ありがとうございます。
Basic
Laboratoryのスタイリスト内田でございます。
ご質問・カットのご依頼はLNE@もご利用ください☆
ネイルもやりますよ~☆

この記事を書いたユーザー

Basic Laboratory このユーザーの他の記事を見る

京都リサーチパークのオフィスBasic Laboratoryにて、コンサル&技術提供をしております現役の美容師です。美容師さん目線プラス、めずらしい角度から様々な美容に関する情報を提供いたします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア

権利侵害申告はこちら