特定のスポーツが運動能力を上げるのか?

幼少期から特定のスポーツをずっと習わせて行くのがいいのか?色々なことをさせるべきなのか?正直悩ましいところなのですが、明確な答えは無いに等しいと筆者は考えています。

特定のスポーツだけをやることが良い悪いというのは言えませんし、スポーツだけに固執する必要もないのではないかと考えます。

しかし、ひとつだけ言えるのが「親都合」ではなく子供がやりたいと思ってやっているのか?ここがポイントです。

スポーツでも遊びでもいえますが、自主性をもってトライできるのか?楽しめるのか?継続できるのか?など見るポイントは色々とあります。
スポーツをやっていればそれでいいと言うのは少し違う気がします。

幼児期における運動については、適切に構成された環境の下で、
幼児が自発的に取り組む様々な遊びを中心に体を動かすことを通して、生涯にわたって心身ともに健康的に生きるための基盤を培うことが必要である。

また、遊びとしての運動は、大人が一方的に幼児にさせるのではなく、幼児が自分たちの興味や関心に基づいて進んで行うことが大切であるため、
幼児が自分たちで考え工夫し挑戦できるような指導が求められる。

なお、幼児にとって体を動かすことは遊びが中心となるが、散歩や手伝いなど生活の中での様々な動きを含めてとらえておくことが大切である。

出典 http://www.mext.go.jp

運動に限らず色々な動きが大事であり、子供が自主的に体を動かすのが大事なのだと感じる内容です。

同じ運動ばかりでもいいのか?

例えば、滑り台が好きな子がいて公園では必ず滑り台だけで遊ぶとします。
階段の上り方が上手になって滑る時も上手に態勢を変えて滑ることができる。
この一連の動作でも色々な動作が細かく含まれています。

滑り台の階段を上がるには腕の力だけではダメですし、足だけでもダメ、腕も足も体全体が必要となります。
このように何気ない動作でも体は色々な動きをしています。無意識でも全身運動をしているのです。

一見、いつも同じに見える運動ですが、決してすべてが同じと言うわけではないと思います。親から見ると【ブランコはどうかな?】【鉄棒もやってみない?】とあれこれやらせてみたくなるのですが、まず最初は好きなことをとことんやらせる方が伸びしろも大きいと筆者は感じます。

習い事だけがすべてではない。

遊んでばかりで運動能力が上がるのか?心配だと思う方も多いと思います、
ここからは実際の体験などを基にご説明します。

A君の場合
幼少期からスイミングに通い、ほぼ毎日いろいろな習い事をしているので遊ぶ時間はあまりない。
そんな生活を1歳ころから続けていて幼稚園に入園したらかけっこは一番おそかった。

親はともに運動神経がよく父親は陸上の選手でした。しかし、A君は足が遅い。

親の幼少期と比較すると
親→幼少期移動は徒歩。自転車に乗れるようになってからは自転車。
A君→移動はマイカーか親の自転車の後ろ。年少の時点で自転車には乗れない。入園後も園生活以外はバスかマイカーで殆ど歩かない生活。

A君は外で遊ぶことも少なく習い事が優先の生活。
【危ないから】と言う理由で公園遊びも殆どなかったそうです。
こうしてみると圧倒的に足りてないのは「歩く」「外遊び」の2点だと感じます。

A君は年長になった年にサッカークラブに入り「体力がない」と指摘されました。
子供同士で遊びの延長のようなゲームをして走り回っていると一番先に脱落してしまうそうで息が切れて走れなくなるそうです。

A君、現在小学三年生ですが年長時に始めたサッカーのお陰か走ることも上手になり持久力もついたそうです。

アスレチックで遊んだりする機会も増やし、自転車も年長の時に練習したそうです。
時間があれば近所の河原でキャッチボールしたり友達との遊びの時間も大幅に増やし、その生活を始めてからぐんぐん運動出来るようになり、走り回っても【疲れた。】と脱落しなくなったそうです。

まとめ

運動は特定のスポーツをするだけではなく、普段の生活でお友達と走り回ったり、自転車や三輪車に乗ったり、公園で遊ぶ事も大事なのです。
色々なシチュエーションで沢山体を動かすことが子供の運動能力の発達につながるのです。

しかしスポーツをすることで得ることも大変多いです。特定のスポーツで頑張って達成感を得る、お友達と切磋琢磨する、これも大事なことです。
子供が色々な経験ができる環境を親が与えてあげられれば一番良いのではないでしょうか。

子供が楽しみしっかり体を動かせる環境を作れるように、安全な公園や室内施設も充実すると嬉しいですね。

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら