登園前のグズグズに困っているママへ

登園前のグズグズ。毎日繰り返されるとママはヘトヘトです。
わかっていても、怒鳴りたくなることもありますよね。

朝忙しい時間に、ご飯も食べないし着替えないとなると、普段は温厚な人でも 「勘弁してー」と 怒りがこみ上げることもあるでしょう。

いっぱい抱っこしよう!

ご飯いらない、お着替えも嫌だ、とにかくぐずぐず・・・

そんな時は、まず 抱っこ!

これは、親子共に落ち着きますので、イライラきたら まず抱っこしてみましょう。
無理に抱っこしたら暴れちゃう!って時は座ったまま寄り添うだけでも良いです。

その時に何気なく「少しでも何か食べる?何が食べたい?」と聞いてみたり「ママとお着替え競争する?」とストップウォッチで時間を計るのもいいでしょう。何がきっかけになるかは子供次第ですが、目先が変わると気分も変わるものです。

お着替えしたら抱っこ!ゴールを決める

ただ、やみくもに抱っこを繰り返されるのも困りますし、自分の用も家事もありますから ずっと子供を抱っこしたまま過ごすわけにはいきません。
そんな時は、抱っこして10数えたら着替えようかーなど、ゴールを決めて10カウントするのもオススメの方法です。
先に紹介したストップウォッチを活用したり、スマホのアラーム機能を使ってお気に入りの曲を流すのも良いです。

登園がバスの場合

バスの場合、お迎えに時間に間に合うことが第一前提なので、時間を守るために時計やスマホのアラームを活用し子供自身に意識つけをさせましょう。

子供が好きな音楽を鳴らしたりするのも気持ちの切り替えに使えますので、子供がよく歌っている曲や好きなキャラクターのテーマソングなどを使うと子供も喜びます。

バスに乗りたくないからグズグズする場合は、バスに乗りたくないけど頑張って乗る子供が他にも居ることを教えてあげましょう。絵本やDVDなどを使うのも効果的です。
そして、「なぜバスに乗るのが嫌なのか。」を普段の生活で聞き出してみてください。バスに乗る前に「どうして嫌なの?」と問い詰めるのは避けた方が良いでしょう。

親が園まで送る場合

自転車や徒歩で送る場合は暴れたり逃走すると危険なので、子供を落ち着かせる事が大切です。聞いてないと思っても、「危ないから落ち着いてから行こうね!」と話してください。無理に抱えたり自転車に乗せると思わぬ事故につながる事もあります。

ちゃんと落ち着いて送れるようになるまで待てないと言う場合もあるでしょう。そんな時は起きる時間を大幅に早くするしかありません。

大人都合で決まった時間に送らないと困るのであれば、早く起きて早く用意をし早く出るようにするしかありません。

抱っこ 握手 タッチなど切り替え方法はなんでも良い

グルグズの気持ちを切り替える方法はなんでも良いです。

抱っこ、握手、ハイタッチ、好きな手遊び なんでも良いです。
今のグズグズな気持ちから切り替わる方法は色々あるので 親子で楽しめるものを取り入れると良いでしょう。

うちの子だけじゃないんだ!

登園前のグズグズは軽く終わる子もいれば、長く続く子もいます。
理由も様々で、ただ眠いだけ、朝のご飯が嫌だった、この靴下は嫌い、ママと遊びたいなどなど、原因はバラバラなのです。

ただ、お友達関係など深刻なケースの場合もありますから、嫌がる頻度が多くなっている場合や、何か言いたそうにして黙っているときなどは、嫌がっている原因をわかるようにしておきたいです。

一概には言えませんが 大半は子供の言うことに耳を傾け、先生との連絡がきちんと取れていれば原因を見つける事も出来ます。
親の前では泣いてても園では平気な顔していたり、バスに乗って親の顔が見えるうちは泣いてても、見えなくなると泣くのをやめることもあるそうです。

ただ単に【ママにみてほしい、かまって欲しい】と言う場合もあるのです。
みんな、大なり小なり泣きますし、ぐずぐずも言います。
暴れてしまう子も居ます。
しかし、みんな いつか泣かなくなりますし、いつか暴れなくなります。
それがいつなのか?明確な数字はないですが、いつまでも泣いてぐずり続ける子はいませんから 少しの辛抱だと割り切る事も大事です。

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス