取引先のトラブルで借金を抱えてしまった春子(ミムラ)が、喫茶ひまわりにやってくる。そこで突然倒れてしまい、ミチコ(深田恭子)と歩(ディーン・フジオカ)が看病する。

しかし歩と春子の距離が近づいていくのをミチコは見ていられない。
しかも歩は好きな気持ちを押し殺している。

そんな状況にいたたまれなくなったミチコは、家を出ることを決心する。
そして歩にこう告げる。

今から私、ひどいこと言いますね。
ビビってんじゃねぇよ。意気地なし。意気地なしです、主任。
ふられるのが怖いんですか?
それとも亡くなったお兄さんのこと気にしてるんですか?
難しいことはいいじゃないですか。
主任、春子さんのこと、好きなんですよね?
好きな人が辛そうにしてたら、助けてあげたくなる、
笑ってほしくなる。
ただ恋してるんだって、それちゃんと伝えて、
主任の得意な保護?
今してあげなきゃ、主任、ダメな男です。
ただのクズです。

(柴田ミチコ「ダメな私に恋してください」第9話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス