賭博とシャブ。

プロ野球、名門読売巨人軍の現役選手による賭博問題。
叩けばまだまだ埃が出るはず、でも、これ以上叩かないだろう。
球団も連盟もどちらかと言えば、臭いモノには蓋をしたいはず。
自分たちに都合の悪いことは、出来れば隠し通したいだろう。
今までがそうだったように。
あとは、文春さんに任せるしかないかな・・・。


ナベツネが辞めたのは、実にいいことだ。
ただ、あそこまであっさり辞めたのはきっと表面上のことだろう。
そして、この先も死ぬまで裏で暗躍するのだろう。
あの類の業の深い人間には、潔さなんて言葉は無縁だから。


現役選手が違法な賭博に手を染めると、過去の経験上、八百長への発展や関与が疑われる。
どうしても、その話が出てくる。
今回の巨人軍の選手による賭博問題は、まだ、そこまで至っていないようだが・・・。 


違法賭博は悪い、八百長はもっと悪い、しかし、シャブはどうなのか?
現役時代から違法薬物の使用が疑われている、巨人にも所属していた、ある有名な元選手が捕まり大騒ぎになったばかりだが、さて、その人はこの先プロ野球界から永久追放されるでしょうか・・・。


その人が逮捕されて間もないころ、周囲の人間からこんな声が聞こえてきた。
「しっかり反省し、更生して、また野球界に復帰して欲しい」
そんな言葉に私は正直驚いた。
もしかして本当に復帰させるのかなぁ・・・。


賭博と違法薬物を天秤にかけてみる。
その罪の深さを比べてみる。
賭博や八百長では即刻追放の厳罰に処せられるのに、シャブではなぜか、復帰の道が残される。
プロ野球界には不思議なバランス感覚があるようだ。
ギャンブルとシャブ。
ギャンブルの方が選手にとって死刑に値するほどの罪深い犯罪のようだ。


生まれてこのかた、野球しか知らない人間に社会通念上の常識を求めるのは酷だろう。
野球しか出来ない人間に、規則や道徳を守れとか、頭脳や知識や良識を要求するのはある意味拷問だろう。


年齢的には成人となり、本来なら立派な大人と呼ばれる歳になっていても、いまだに、街のチンピラ風体に憧れ、髪を染め、金のネックレスを首からぶら下げているような人間に、小難しいことを理解出来るとは思えない。
あの顔つきを見れば判ると思うよ。


いよいよ今年もプロ野球シーズンが始まりますねぇ~。
あなたの御贔屓のチームは今年優勝出来るでしょうか?
また秋まで、毎日勝った負けたと一喜一憂ですか?。
ところで、よかったら今年どこが優勝するか、賭けませんか!?

この記事を書いたユーザー

rubbish-JPN このユーザーの他の記事を見る

社会の片隅で、日々の暮らしの中、生きるための目的を探し、そして、残り少ない時間をどう過せばいいのかを模索しながら今日に至った人間です。果たして私は何が残せるのか?
別に残せなくても、それもまたよし。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら