記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
疲れやすい、あるいはだるい、不整脈を感じる……といった不調を感じている人は要注意。もしかしたら、尿の量に問題があるのかも?今回は、そんな尿量と体の気になる関係について医師に伺いました。

■ あなたの尿量は大丈夫?

通常、1日1~1.5ℓの尿を排泄しているといわれています。これを基準に、3ℓ以上の場合を多尿、400㎖以下の場合を乏尿と呼び、それぞれ体に次のようなトラブルを引き起こします。

<多尿になると……>
体内の水分が失われて脱水になるのはもちろんですが、体液のナトリウム、カリウムなどの電解質のバランスが崩れて、体のだるさ、疲れ、最悪の場合では不整脈が出るなど心臓のトラブルが引き起こされることもあります。

<乏尿になると……>
尿は体の中で生じた老廃物を体の外に排泄する大切な役割を担っています。それゆえ、乏尿になると老廃物を体の外に排泄できないため、体は浮腫みやすくなります。また、多尿時同様、電解質のバランスが崩れて、体のだるさ、疲れ、最悪の場合では意識障害が生じることも。

■ 多尿・乏尿を引き起こす5つの原因

1. 体内の水分・電解質をコントロールする機能の低下
もちろん水分の摂取量にもよりますが、水分の摂取量や汗などで出る排泄量が増減してもバランスをとれるのはホルモンの働きと腎臓などの機能がうまく働いていることによります。これらの働きがうまく行かなくなると多尿や乏尿が起こるのです。

2. 腎臓もしくはホルモン分泌の異常
<腎臓の機能が低下すると……>
原則的には乏尿になります。

<ホルモン分泌の異常>
なんらかの病気でホルモンの分泌に問題がある、あるいはホルモン分泌は正常でも、腎臓によるホルモンの作用が低下する場合には多尿になることがあります。

3. 肝臓の機能低下
肝臓の機能が悪くなって肝硬変になると、たんぱく質の中のアルブミンというものが減ってきます。アルブミンが減ると、浮腫んだり尿の量が減ります。

4. 心臓の機能低下
心臓が悪くなると腎臓に送る血液の量が減少。浮腫み、尿乏の原因に。

5. 糖尿病
糖尿病により糖が尿に出るようになると、浸透圧の関係で尿の量が増えます。いっぽう、糖尿病の治療が不十分な状態が何年も続くと、腎臓の機能が低下し、最終的には腎不全になり尿が出なくなります。

≪若い人も要注意!血糖値が上がると合併症を引き起こしやすい糖尿病
心配な方は要チェック【糖尿病リスク】診断

■ 尿量い影響を与える2つの物質にも要注意

1. ナトリウム
ナトリウムは塩ですから、摂りすぎると尿の量が減り浮腫みを生じさせます。また、高血圧の原因にもなるので注意が必要です。

2. カリウム
尿の量を増やす働きがあります。ただ、カリウムは摂取すぎても、あるいは摂取量が少なすぎても不整脈を誘発することがあるので、バランスよく食事に取り入れるようにしましょう。

【医師からのアドバイス】

多尿や乏尿の背景には、上記に挙げたような重篤な病気が隠れている可能性もありますから、気になる方は早急に医療機関を受診するようにしましょう。また、ある程度はナトリウムとカリウムのバランスでコントロールすることもできます。食事を見直しつつ、けれども症状が持続する、あるいは持病のある方は医師に相談するようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス