戦後、世界各地の植民地が独立を果たした。
喜ばしいことです。

しかし、それらの国が一向に貧しいままなのが不思議でした。
調べてみると「新植民地主義」というのがあるらしいです。

米国が親米政権を立て、米国企業に都合のいい法律を当該国で
成立させ現地の原住民を追い払い、鉱山事業、油田開発、
植物プランテーション、森林乱伐を行なう。

人権侵害と環境破壊。

見返りに多額のODAが親米政府に拠出される。手を汚さない
侵略。

これが「新植民地主義」。

親米とは米国に近しい国々、日本も同類でしょう。

土地を奪われた人が土地を取り返そうとするのは当たり前の行為。
それを西側諸国の人間は「テロリスト」と呼んでいるにすぎない
のかもしれません。
親米政権樹立に邪魔な人間は「テロリスト」呼ばわりされる。
フセイン大統領、カダフィ大佐。そしてシリアのアサド大統領。

アラブ地帯はまだ石油資源があるから豊かでしょうが、アフリカ、
中南米、東南アジア、これら「新植民地主義」に苦しんでいる国々
がある。
鉱物資源が埋蔵され、先進国、新興国が虎視眈眈と狙っている。

なぜ貧乏な国が貧乏から抜け出せないか。
それは僕たちにも責任があるのだと思います。
少なくともマスメディアが安易に流す「テロリスト」報道に疑問を
持つことから始めることはできるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ミツグン このユーザーの他の記事を見る

「拝金主義に負けない人道主義」を目指しています。

得意ジャンル
  • 動物
  • 社会問題
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら