Joseph tame(ジョセフ・ティム)とはどんな人?

出典ブレイカー株式会社より提供

はい、見るからに怪しいヒトですねw
しかし、人は見かけで判断してはいけません。

JosephTameはイギリス出身のデジタルメディア・プロデューサー。
2008年の来日以来、国内外でコンサルティングや講演者として幅広く活動し、ウェアラブルマシンを装着しての東京マラソンの生中継やランニングした軌跡をGoogleMap上に残して絵や文字を描く「ランニング・アーティスト」としても注目を集めた人物。
2010年からTEDxTokyoのコア・メンバーとしても活動し、主にライブストリームやビデオ制作、ソーシャルメディアをコーディネイトしています。

そんな”ランニング・アーティスト”である彼は、東京マラソンでは見た目の通り毎年目立つ存在に。さらに、国内だけでなく、CNNやNewYorkTimesなどの海外メディアからも注目を浴びる存在となった。

2016年の東京マラソンでは世界初の取り組みにチャレンジし大成功!

出典ブレイカー株式会社より提供

2/28(日)に行われた「東京マラソン2016」で世界初となる通常のビデオ中継と、360度バーチャルリアリティカメラでライブ中継を敢行。見事に完走を遂げた。
この挑戦では、ソニーコンピュターサイエンス研究所の笠原俊一氏とのコラボレーションのもと、ソフトウェアのアルゴリズムを使用し、2つのカメラの映像をリアルタイムに一つに結びつけ、LiveUの放送機能に送り、複数のLTEネットワークを通してサーバーに受信させることに成功。

それにしても、マラソン途中に納豆って・・・w

なんだか難しそうな話だけど・・・百聞は一見にしかず!東京マラソン2016でのJosephTameのチャレンジをまとめたハイライト動画はコチラ!

出典 YouTube

ちなみに、本番に向けた準備の一部始終も動画公開中

出典 YouTube

本番2日前の一部始終も!東京ビッグサイトに行って、ゼッケンとタイ­ム計測用のタグを受け取るようなのですが、その際もやはりこの格好なのですねw

出典 YouTube

ランニングブームと呼ばれて久しい昨今。
「世の中には色々なカタチでランニングを楽しむ方がいるんだなぁ~」と、感じさせる唯一無二の存在「Joseph Tame」
来年の東京マラソン、彼の新たなチャレンジに密かに期待を抱いているのは私だけでしょうかw?

ちなみに・・・

クリスマスの時期にはこんなことも・・・

出典 YouTube

何故か空を飛んだり・・・

出典 YouTube

昔流行ったアイスバケツチャレンジも・・・

出典 YouTube

兎にも角にも、色んな意味で注目のアーティスト?であることは間違いありませんw

この記事を書いたユーザー

JAPOLIC このユーザーの他の記事を見る

ラーメンとカレーとネコが好きです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • ファッション
  • おもしろ
  • 音楽
  • 話題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス