恋人の井吹朝陽(西島隆弘)とその父の井吹征二郎(小日向文世)との食事会を終えた音(有村架純)。しかし、朝陽が父に気に入られるためいろいろな嘘をついていたことを知り、嫌気がさしてしまう。

そして音は、携帯電話の電源を切り、家にも帰らず、辿り着いたのが自分が働く老人ホーム。最近、認知症の症状が出てきた木口さんと話し込む。

話し相手が音だとは分かっていないが、木口さんは音にこう問いかけた。
恋人はできたの? 好きな人がいてもおかしくないでしょ?
どんな男の子が好きなの?
男らしい人? かっこいい人? 面白い人? やさしい人?
好きな人いるんでしょ?

音が「分かんないです。」と言うと、木口さんはこう言った。

一番はじめに思い浮かぶ人よ。

(木口さん「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第8話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス