女同士の付き合いは難しい!

あなたは「女同士の付き合いって難しい」と思ったことはありませんか?

私はこれまでいろんな職種を経験してきました。
電子部品の製造、樹脂製品販売の営業事務、歯科助手、病院受付、生命保険ショップ、印刷会社の事務、クリーニング工場での作業、コールセンター…。アルバイトやパート、正規雇用など、雇用形態は様々ですが、どこの職場でも共通していたのが女性同士のトラブルです。

「○○さんが陰でこんなこと言ってた」
「△△さんをランチに誘ったのに断られた。△△さんは感じが悪い人だ」
「□□さんはミーティングで堂々と自分の意見を言う人で、自分なりの考えを持っている人。悪い人じゃないと思うけど、付き合いにくいんだよねえ」

こんな話、よ~く耳にしませんか?

最初のうちは当の本人がいないところで、本人の耳に入らないように話しているのですが、そのうち本人にも伝わってしまい、結果的に泥沼な人間関係になってしまう…。
噂話は恐ろしいものです。



女性同士の付き合いにはよくある、とても面倒な状況です。

なぜ噂話をするのか

女性同士の付き合いで、よくトラブルの原因になるのが噂話や陰口。


この噂話や陰口、主に噂話に関して言えば、男性にはあまり見られない行動です。
実はこれ、女性性がそうさせているのです。


女性は太古の時代からコミュニティの中で多くの時間を過ごしてきました。仲間同士で助け合って子孫を守り、育ててきたのです。
ただ、力の弱い女性が子どもを守ることは難しいことでもあります。そこで、お互いに情報を共有し合ってみんなで子ども達を守り育てていたわけです。

このことが根本にあるので、女性は情報を共有する目的で噂話をするのです。


また、力の弱い女性だからこその行動ですが、女性はみんなと同じ行動を好みます。
かつて女性は、子ども達や自分たちの身を守るために団体行動していたわけですが、その団体の中で一人だけ違った行動をすることはとても危険です。なぜなら目立ってしまうから。
目立つということは敵に見つかりやすいということに他なりません。ですから、女性はなるべくみんなと同じ行動をしたがるのです。

にも関わらず、
「ねえ、△△さん。みんなでランチ行こうよ」
というお誘いを断ってしまったら、これはみんなと違った行動をとったということになりますよね。
みんなと違う行動をとる△△さんと一緒にいるのは良くないのでは?と、ほとんど本能的に感じてしまうのです。だから「△△さんは感じの悪い人。あまり関わらないでおこう」という発想につながってしまうことが多々あります。

これと同じ発想で、自分の意見をはっきり言える女性に対して苦手意識を持ってしまう女性は多いです。
自分の意見、それは他の人とは違う意見かもしれません。違うかもしれないのに、臆することなく自分の意見を言う、なんてこと、女性の本能はなんとなく避けたくなってしまいます。

どうして女性は噂話をするのか。どうして女性は「みんなと同じ」を好むのか。これについてはお分かりいただけたと思います。
すべては女性が元々持っている女性らしさ、女性性によるものなんです。

とは言え、今のこの世の中ではこの女性性はあまり必要ありません。

もちろん仲間と気分よく過ごすための配慮、いわゆる空気を読むことはある程度必要です。でも、かつてほどは重要ではありません。現代社会はそこまで危険ではありませんから。

にも関わらず、噂話で情報を共有したり「みんなと同じ」にこだわってしまうのはなぜか。
これはその人の生育歴や環境によるところがあると思われます。

たとえば過去に誰かに見捨てられた経験のある人にとっては情報を共有しておかないと、また見捨てられてしまうかも、という不安があるかもしれません。
過去に仲間外れにされた経験のある人はみんなと同じでないと不安を感じるということもあるでしょう。(実際に見捨てられてなくても見捨てられたと感じた場合や、仲間外れになっていなかったけれど仲間外れにされたと感じた場合も同じです)

つまり、人それぞれで何らかの事情を抱えているということになります。

じゃあ女性同士のトラブルは怒って当たり前なの?トラブルが起こっても仕方がないと諦めるの?

いえいえ、そういうことではありません。

他者と自分の心の領域を分けよう

心の領域?何それ?
と、思われたかもしれませんが、つまりは「人は人。自分は自分」ということです。

あなたはあなたの、私は私の、それぞれの主観で生きています。伝えあうことで歩み寄ることも、ある程度は可能ですが、完ぺきに同じになることはありません。なぜなら、あなたはあなただし、私は私だからです。

同じになることが不可能なのに、情報を共有し「みんなと同じ」を目指すのは無茶な話です。それ、もうやめましょう。

○○さんには○○さんなりの事情(あるいは考え方)があって喋っています。
△△さんには△△さんなりの事情があってランチを断ったのです。
□□さんには□□さんなりの考えがあって意見を伝えているのです。
どの人もそれぞれの事情や考えで行動しているだけです。あなたはあなたの事情や考えで捉え、行動すればいいだけです。賛同できなければしなくていいし、付き合うのが嫌だと思えば距離をおけばいい。

無理に相手に合わせる必要もなければ、相手に合わせてもらおうと頑張る必要もありません。


人は人。自分は自分。

あなたの心の領域はあなたのものです。もちろん相手の心の領域も相手のもの。お互いに勝手に入り込まないようにしましょう。そうすれば自然にトラブルは減少していきますよ。



この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス