小さな子供にYoutubeは有害?

世界中の投稿動画を自由に見ることができるYouTube。
子供向けの動画もたくさんあり、育児に利用されている方はたくさんいると思います。
でも、気が付くと、よく分からない怪しげな動画を子供が再生していたりすることも。
「アンパンマン」→関連動画「リアルアンパンマン」とか・・

育児が楽になる反面、子供の発育への影響が指摘されるなど、デジタルメディアにはいろいろな課題が山積みのデリケートな部分があります。
2013年には日本小児医師会が「スマホに子守りをさせないで」というポスターを作成して、賛否両論を巻き起こして話題にもなりました。
http://jpa.umin.jp/download/update/sumaho.pdf

しかし!YouTubeは優良なコンテンツを無料で視聴することができる宝の山でもあります。
親が子供としっかり向き合って、ルールを決めて利用することで、有害なコンテンツから子供を守ることは難しいことではありません。
上質なコンテンツを選んで視聴するようにすれば、Youtubeは最高の育児ツール・学習教材になることは間違いないでしょう。

ママも子供もハッピーになれる、そんなYoutubeの使い方を考えてみませんか?

シンプルなルールで有害コンテンツをシャットアウト!

Youtubeを育児に利用する場合に試してほしいルールが3つあります。

ルール1.時間を決めて自分でやめさせる

「何分まで」と時間を決めましょう。短い動画なら「何本」という決め方でもよいと思います。まだ数が分からない子の場合は「つぎで終わりだよ」と終わりが分かるように伝えてあげるとよいと思います。

時間を決めるというのは、基本ではありますがとても大切なことです。
長時間の視聴は子供の目にも負担になりますし、無駄なコンテンツを見る可能性が高くなります。子供が何を見ているのか、親が把握できる範囲で時間を区切るようにしましょう。

時間が来たら「自分で」やめさせるようにしましょう。
これがなかなか難しいのですが、繰り返していくとやってくれるようになります。
電源をOFFにする、決まった場所に戻す、などの「儀式」を設けると子供にも分かりやすいと思います。自分で終わりにするように根気強く伝えましょう。

「自分でやめてパパ・ママに褒めてもらう」という体験を繰り返すことでルールの大切さを学び、親子の信頼関係も深まります。

ルール2.優良なチャンネルを登録してそれ以外は見せない

・チャンネル登録をしましょう

出典 https://www.youtube.com

Youtubeで動画を再生すると、左下にこの動画を提供しているチャンネルのロゴが表示されます。ここクリックするとチャンネルのホーム画面へ移動します。

出典 https://www.youtube.com

チャンネルの内容を確認して子供に見せても問題のない内容であれば、「▶チャンネル登録」ボタンをクリックして、チャンネル登録をしましょう!

Youtubeのご自身のホーム画面で「登録チャンネル」を選択すると登録したチャンネルのコンテンツだけが表示されます。子供用のアカウントを作成して、子供と親の登録を分けてもよいかもしれませんね。

・他の動画はさわらせない

出典 https://www.youtube.com

Youtubeではひとつの動画を再生すると、右側に子供の目を引く動画がたくさん表示されます。低年齢の子供の場合は特に、ランダムに動画が並んでいるところから、良い悪いを判断するのはとても難しいことです。
ここは「さわってはいけない」ということにルールを統一してしまいましょう。

ルール3.親子で一緒に楽しむ

最後に、ぜひ実践してほしいのは、親子で一緒にYoutubeの動画を楽しむことです。
同じ動画を見るにしても、ひとりでぼーっと見ているのと、大好きなパパ・ママと一緒に楽しんで見るのとでは、子供にとっては全く違う体験になります。

例えば、Youtubeの動画で英語の「ABC Song」を見たとします。
下の1,2の場面を想像してみてください。

1.子供ひとりでABC Songの動画が流れているタブレットを見ている

2.ママの持っているタブレットから楽しい音楽とアニメーションが流れてくる
  一緒に歌って踊りながらABC Songを楽しんでいる

1と2では、ドーパミンの量が全然違うはず^^
どちらが早く"ABC"を覚えられるか、分かりますよね。

学習の効果を上げるにも、有害なコンテンツから守るためにも、親子で一緒に楽しむ、というのが一番効果があります。おかしな動画を見ていないか、目を光らせる必要もないですし、時間がきてもやめない子供からタブレットを取り上げる必要もありません。
(電源OFFなどの儀式だけさせてあげるのもよいかもしれません)

なによりも、Youtubeなら大人も楽しく参加できるのではないでしょうか。
ママが好きな動画を一緒に見るのも子供はよろこびますよ♪

Youtubeで育児を楽しんで

今回紹介したシンプル3ルールはこちらです。

 ルール1.時間を決めて自分でやめさせる

 ルール2.優良なチャンネルを登録してそれ以外は見せない
 ルール3.親子で一緒に楽しむ

子供ごとに違うルールがあっている場合もあるので、どんなルールがいいのか考えてみてくださいね。

世界中の楽しい!おもしろい!が詰まった宝箱「Youtube」。
ルールさえ決めておけば、疲れた時にYoutubeにたよっても全然問題なしです。

あまり考えすぎず、気持ちをラクにして、楽しんで子育てをしましょう。

ママが笑顔でいることが、子供にとってイチバンのハッピーですから...♪

この記事を書いたユーザー

ふう このユーザーの他の記事を見る

保育園と小学生の2児のママをしています。
iPad、パソコン大好きな子供たちをヒントに、子育て×ITの記事を書いていきます。

得意ジャンル
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動
  • キャリア

権利侵害申告はこちら