最近カンフー映画で有名なジャッキーチェンさんが交通事故でなくなったという情報がネットにあがっているのを見つけた。物心ついたときからジャッキー映画を見ていたはぎとしては非常に驚いて詳細を見てみたものの、実はガセネタで本人はいたって普通に健在とのこと。ジャッキーに関するこの手のニュースはどうやら毎年報じられるようで、その度にファンを騒がせているらしい。

とはいえジャッキーを知る人なら映画撮影中にどれだけ怪我をしてきたか、ある程度は知っているだろうから動揺した人も多いんじゃないだろうか。はぎもそんな中の一人です。映画撮影中のどんな事故でも復活してきたのに意外と最後は一般的な感じなんだなと思ってしまいました。それにしてもガセネタで本当によかったです。

以前テレビでしてたんだけど、彼は怪我をしたところがないというくらい色んなところを怪我してきたようです。それは映画の最後に流れるおなじみNGシーンをみたらわかると思いますけど、凄すぎです。ポリスストーリーでは電飾付きのポールを伝って降りるシーンを三テイクも撮るし、はぎの大好きなA計画では時計台から自由落下するし(しかもこれも数テイク)・・・。危険すぎますジャッキーさん。時計台から落ちた後に一言、
「地球には重力があるんだね」
それみんな知ってます。

そんなお茶目なジャッキーがほんとにやばかった怪我をしたのがサンダーアームのときでした。アジアの鷹がある部族の集落から聖なる剣を回収して逃げるときでした。木を伝って逃げるとき、つかまった木の枝が折れて頭蓋骨骨折してしまいました。これはエンディングテーマの「フライトオブザドラゴン」が始まって少ししてから始まるNGシーンで流されているので見ることができるはずです。これが原因で左耳はほとんど聞こえなくなってしまったそうです。丈夫そうな木にちゃんとつかまってろーって話ですよ。

エンディングテーマはアランタムが歌ってる「ローレライ」バージョンもあるらしいんだけど、はぎのあやふやな記憶に則して話していくので。個人的にアランの声はデュオの声優の人のが好きです(そうそう、土井先生の声の人ね)。

言ってませんでしたけどサンダーアームも好きですから。アクションが凄いからっていうのは当然として、他にも中からミニバイクが出てくる車があったりピーナッツを飛ばして食べたりするところがあったりと出てくるアイデアが面白いしワクワクするからです。ピーナッツは当然真似しようとして親に怒られました。

こうしてブログ書いてる間にもワクワクしてきてますからね。テンション上がる上がる。みんなも好きだとは思いますけど、はぎも同じくらいサンダーアームが好きですから。今度の休みにでもまた見ようかな。

怪我はまぁしょうがないかもしれないけど、元気でやっていってほしいもんです。あとどっかのビールの賞で夢をかなえるっていうのがあって石田さんだっけ?ジャッキーと一緒にアクションしてるのありましたよね。あれもよかったな。今度あったらはぎも応募してみようかななんて。
                                          ♪フライトオブザドラゴン

この記事を書いたユーザー

hagi2016 このユーザーの他の記事を見る

気紛れゆえアップする日記に温度差があると思いますがそれは愛嬌として暖かい目で読んでもらえたら幸いです。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら