東日本大震災の津波で流失し、太平洋を渡って米西海岸に漂着した岩手県立高田高校(陸前高田市)のボートを題材にした日英二ヶ国語による絵本「いつまでもともだちでいようね」が出版されています。ボートは震災から2年以上たった2013年4月7日、カリフォルニア州クレセントシティーの海岸に漂着しているのが見つかりました。地元高校の生徒が船の返還を呼び掛け、船会社などの協力で高田高校に戻りました。この絵本は、このボートがきっかけでお互いの学校を訪問するなどの交流が生まれた高田高校とデルノート高校の生徒や地域の人とのつながりが描かれています。

On April 7, 2013, a little over two years after an earthquake triggered a massive tsunami, a lone boat washed up on the shores of Crescent City, California. The boat was linked to a high school in Rikuzentakata, beginning an amazing story that has linked two tsunami-vulnerable communities on opposite sides of the Pacific and initiated friendships between high school students in Rikuzentakata. This book is now available in Tokyo, Singapore, Australia, and Taiwan.

この記事を書いたユーザー

仮面ライター爽哉 このユーザーの他の記事を見る

澄みきった空の下、陽の光が降り注ぐガーデン。
様々なジャンルを取り上げていきます。
どうぞ、御愛嬌ください(#^.^#)

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • スポーツ
  • 料理
  • 恋愛
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス