この時期になるとやはり「卒業」というのをよく耳にしますね。
となると時間ができる人も多いのではないでしょうか?
春が近づいてきたのか暖かい日がふえてきました。そうなると多くの生き物が見られる時期でもありますね。大人のみなさん、お子さんをつれて山登りでもされてみてはいかがですか?
自然いっぱいの中で自然と触れ合うという機会が減ってきた現代ではこのようなことは貴重な体験になるはずです。

今回は身近な動物たちを紹介します。
まず山の中に限らず多くの場所に生息する動物に「ダンゴムシ」がいます。似たようなのに「ワラジムシ」もいますが。

本当に石をひっくり返せばどこにでもいますよね。この二つの見分け方は簡単です。きれいに丸くなればダンゴムシでそうならなければワラジムシです。ダンゴムシは非常に飼いやすい生き物です。餌も落ち葉を与えるだけでいいです。生き物に触れる機会として飼ってみてはいかがですか?

次に紹介するのは「ヤゴ」です。トンボの幼虫といったところでしょうか?今はこのヤゴがトンボになることを知らない子がいることに驚きを隠せません。

もう今頃は溝や池に多くいるころだと思います。このヤゴからトンボに変わる「変態」の過程を見せてあげるだけでも特に男の子なら食いつくのではないでしょうか?私も子供のころよくつかまえて育てていました。

ちょっとやらかした私のことなんですけど、幼いころアリを捕まえて家の中で内緒で飼っていました。アリの行列を見るたびになぜか笑顔になってたんですが後で親にばれてこっぴどく怒られたことがとても懐かしいです。いまはこのような遊びをする子も珍しいんでしょうね。
でもいい体験だったと後悔していません。このようなことをすれば怒られるのは目に見えていますがいいことだと思います。

最後に一年中見られる生き物を紹介します

お食事中の方すみません。
ほんの冗談です。本当に家庭内で発生したら厄介者ですよね。
みなさん対策頑張ってください!!

この記事を書いたユーザー

レッドデータ このユーザーの他の記事を見る

こんにちは
私は春から大学生になります
動物が好きで、そのことの意見などえお記事にしていこうと思います
稚拙な表現も多々ありますがよろしくお願いします

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス