無職になってしまった理由はいろいろありますが、無職の方程お金に困り借りたいでしょう。

無職でもお金を借りることはできると思うでしょうか。

基本的にカードローンは厳しく、まず消費者金融も銀行各社のカードローンも業務としてカードローンを行っていて、お金をかした利子が会社の利益になっています。

無職でも返済能力を貸し手に証明できれば借りられたりしますが、返済未定の方にお金を貸すのは、貸し手側も倒産することになるでしょう。

お金を借りられるかの前に、もしかりれたとして返済可能かといった検討が必要。

借りたものは返すのが義務として数年内に返済予定としたら今のカードローンでは厳しいです。

法律的に2010年6月に賃金業法が改正されて、その中に総量規制があり、これは借入に関して借入額は年収の3分の1までになっています。

無職だと年収がなく、カードローンを利用できないです。

無職は返済力がないと判断され、通常の金融機関で借入することが難しい。

だからといって闇金に手を出すことはやめましょう。

今お金を借りたなければ大変でしょうが、闇金からお金を借りると今Jまで以上に厳しくなります。

企業が運営しているカードローンは返済を何年も待ってくれるのは厳しいのですが、ハローワークなど公的機関のほうが可能性はあり、審査はきっちりされますが、ハローワークは雇用支援と一緒に生活支援の活動もしていて、ハローワークの住居・生活支援窓口に相談をしてみてはどうでしょう。


学生はいつもお金がない

学生でもカードローンを利用できると思いますか? 学生の方は予想以上にお金がかかりますが、授業料もあって、若いときしかできないことで経験を積むことや、旅行、友人との交友など経費は必要。

基本としてアルバイト内で遊ぶお金は賄っていく必要がありますが、場合によっては授業料はしはらって行かなければならないケースも。

金融機関のカードローンを作成する条件は20歳以上で、アルバイトなど定期収入がある方。20歳を超えると立派な社会人として扱われ、カードローン作成は可能に。

お金を借りるわけですから返済能力がないと借りられないです。 その為アルバイトなど定期収入があることも必須条件。

そして、仕送りは定期収入にならず注意しましょう。

仕送りは自分で稼いだお金ではないですから、給料ではなく対象外に。 ですが学生の特権を活かしお金を借りるなら学生ローンのほうがいいです。

これは金利だけ見れば高い感じを受けたりしますが、普段借りる期間が多い50万円ぐらいの金利で比べると大手消費者金融より低めに設定されてこうしたところでも学割が効きます。

それに加え学生ローンの窓口は学生の方を専門に対応しており、困ったいる学生の味方になってくれて実績も豊富。困ったらまず学生ローンに相談を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら