シュワッとした泡が肌にまとわりつき、デトックス効果も期待できるのが炭酸浴で、スーパー銭湯でも炭酸風呂があるところが多くなっています。

炭酸浴は気持ちがいいといったこと以外に、美容、健康にもうれしいことだらけ。

炭酸がとけた湯につかる炭酸浴は普通の水道水で沸かした湯につかる入浴と違った効果があって、炭酸が皮膚を通し体内に吸収されて、毛細血管が拡張して血行が促進されます。

水道水で入浴しても血行促進されますが、これは体温が上昇し、血圧があることによるもの。

炭酸浴は血圧をあげず血流をよくできて、身体へ負担が少ない方法なのです。

炭酸浴は血圧を挙げないでせ全身の血流をよくしますから、水道水に比べ体の芯から温められます。

夏でもクーラーの冷風による冷え性になむ方が多いですが、炭酸浴は冷え性改善が期待できます。

そして血流がよくなると新陳代謝アップもでき、肌の毛細血管が開き、栄養がいきわたり肌のターンオーバーが促進され、シミ、しわを予防することができるのです。

炭酸水はたんぱく質を吸着しやすい性質があって、皮脂の汚れはもちろんメイク、狂い角質も吸着し、炭酸浴の後肌がサラサラに。

もちろん体全体の汚れを落としますから、汗をかきやすい夏の素肌を清潔に保てます。 化粧水、美容液で肌のケアをする前に、綺麗なすっぴんになれば化粧品効果を上げる効果も期待可能。

スーパー銭湯に行かなくても自宅で炭酸浴を楽しめます。

市販されている炭酸系入浴剤を使ってもいいですがクエン酸と重曹を使ってみれば、簡単にシュワッとした炭酸風呂に。

お風呂1回分の分量はクエン酸200グラム、重曹260グラム。

強めの炭酸を楽しみたければ重曹400グラム程度まで増やしてもいいでしょう。

炭酸ガスは風呂温度が高くなるほど溶けにくく抜けやすくなり、35度~38度のぬるい湯にしてください。

長めにじっくり浸かるのが炭酸浴の効果を上げるコツ。重曹は食用のものを使ってください。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら