乾燥が気になる場所は保湿クリームを。

ほんの少量で効果があります。

この場合にはあらかじめよくカサつきやすい箇所を知っておくことが効果的。

化粧水を塗った直後。

肌はプルプルしていて、乳液を塗ると下地として完成。

ですが、時間の経過で乾燥してきます。

その箇所には差があって、カサつきやすい箇所に先回りして塗ってみれば効果的。




風呂上りはとても無防備 

この寒い季節肌の乾燥がとても気になってしまうものですが、顔はもちろん乾燥してしまう季節ボディの乾燥が気になってきます。

そして入浴後のケアは正し知識とケアの方法を身につけて行いましょう。

そして、風呂には散ってみれば、肌が潤ってくると思ってしまいますが気を付けないとより乾燥してしまう原因となります。

そして、フロにはいってみればボディソープにより肌に元からある保護成分が流されて風呂上りはとても無防備になってしまいます。

その為にそのまま時間がたつと、肌を乾燥させてしまうような原因となります。

そして、乾燥を防いでいくにはどうすればいいのでしょうか。

風呂上りに肌を乾燥させないようにするには、すぐ保湿をしてみることが大事です。

そして上がってから5分すぎれば肌がどんどん乾燥してしまいます。

体の拭き方もきおつけてください。

こすってしまうようでは無防備な肌に刺激を与えてしまいます。

抑えていくように水分を拭いて直ぐ保温してみましょう。

そして重要な保湿作業は保湿剤を浸透させていきたい一心で肌を強くこすっていくといったことはダメです。

いい塗り方として、クリームなどポンポンとおき、手で押し込んで行くように優しくなでていく方法がいいでしょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら