下地と一緒に合わせてみると肌なじみがよくなります。

同時に美容液で潤い補給することにより、むらなく乾燥対策が可能に。 乾燥した肌を放置すると肌は固くなり、そうなる前はやめの対処を。

このクリームは普段使ってる化粧品から造られていて、肌なじみがよく、外から帰ってきたら、ちょっと気になる場所に塗っていく習慣を。



乾燥から肌を保護するため


ふろで温浴してみると血行が良くなります。

体を洗い汗を流すのみならシャワーだけでもいいですが、湯船につかり体を温めてみると血行促進効果を得られます。

入浴後肌に潤いを与えてください。

入浴で血行をよくし肌を清潔にした後保湿することによりカサツキになりにくい皮膚になれます。

効果的保湿は順番があって、これを守るだけで保湿効果が高められます。

まず化粧水をぬっていき、手のひらに化粧水をとり、優しく塗ります。 塗ったらぽんぽん手でなじませます。

化粧水で肌が潤ってから乳液を塗ります。

そっと伸ばすようにしましょう。

上手に乳液を塗るには、急がず、少量づつ手に取ること。

指先があれてなければ指の腹を効果的に使えば、乳液をまんべんなく肌になじませられます。

化粧水、乳液がすみ、それでも乾燥が気になるところがないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス