嫌煙者はなぜ
タバコの誘惑に
負けたなどと
意味のわからないことを
言うのか。

禁煙は愛だと思う
その考え方でいいから
冷静に考えてみろ、
と言いたい。

「タバコもお酒も
ギャンブルも
男も女も
誘惑などしない」
と以前書いたが、
そもそも誘惑とは
「楽しみたい欲求」
であるわけだ。



たとえば朝起きたら
とても美しい裸の女性が
なぜか隣に寝ていた、
なんていう
非現実的なことが
起こったとして、
世の中の男性たちは
どうするだろうか。

「俺は我慢できない!」
とすべての男性が
即答するだろうか。

僕も男だからたぶん
見とれてしまう、
けどだからといって
すぐに狼には
変身しないと思う。



「美味く吸えたら
細胞が蘇るんだって!」
そんなバカな話は
たぶんないだろうが、
心が生き返るのは
間違いでもない。

しかし嫌煙者どもは
「それは本当?」
と期待する。

それだけ吸いたいのを
我慢しているのだ、
だから毛嫌いしないと、
悪に仕立て上げないと
やってられない。



【愛煙セラピー「2183」】 

『嫌煙者よ、
吸いたいのを我慢する、
その欲求こそが
「誘惑」であることを
冷静になって
真剣に考えてみろ。』

2016/03/06
愛煙セラピスト
志村嘉仁

今まで書いたことが
ないような勢いで
本音をぶちまけた。

似たような内容は
散々書いてきたが、
ズバっと物を言うのは
さすがに気持ちいい。

愛煙家仲間に
思ったことを
ズバっと言える
素敵な女性がいるが、
はっきり言わなければ
わからない奴らには、
たとえ反発されても
はっきりと事実を
言うべきなのだと思う。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら