記事提供:コイスルカラダ

恋愛・SEX・女性のお悩みに関するコラムを日々お届けしている【コイスルカラダ】編集部です。

「やっぱり彼が好きなんだよね」


これを繰り返していた友人が、最近10年も付き合っていた彼と完全にお別れしました。
あなたは最長でどれくらい恋人と付き合ったことがありますか?

筆者の周りはわりと長く付き合っているカップルが多いですが、最長で付き合っているカップルがまさに冒頭で出したカップルです。

◆長く付き合う=いいこと?

以前は、なぜか漠然と長く付き合うことがいいという考えがありました。
それにこんなに長く付き合ったらゴールはもう結婚しかないでしょ。とも思っていました。

3年以上付き合ったカップルだけが愛を語れるとかそんなコラムに惑わされて、長く付き合えばそれだけ相手のことも見えてくるだろう、より深く理解できるだろうと思い込みたかったのかもしれません。

ですが、今は違います。
恋愛の先に結婚という希望を見ているアラサーのあなたに告げたい。

長く付き合うことが、一番結婚から遠ざかります!

◆アラサー女性は、最長でも3年以内に結論を出せ!

もちろん長く付き合ってめでたくゴールインしたカップルもいるでしょうが、それは最初からお互いにゴールを決めているカップルに限る話です。

長い時間をかけるとそれだけで相手のことを分かったような気になるのですが、それは
「時間の長さに胡坐をかいていたんだな~」
と思う出来事がアラサーでは日常的に起こります。

もちろん長く付き合うことがすべて悪いのではありません。
長く付き合えることはそれだけ相性がいいということでしょう。
それだけ長く付き合えたなら結婚をしても上手く行くでしょう。

しかし、時間という長さに安心感を得てしまった女性は、同時にその長さに希望を見出そうとします。

◆自由を手に入れてしまった男たち

長く付き合っていくうちに、男は自由を手に入れるのです。
ずっと付いてきてくれる女、何度でも戻ってくる女。
それって都合のいい女ですよね。

一方女性はやがて、好きという気持ちが執着へと変化し…
ここまで行ったらもはや恋愛、結婚どころじゃない。
一人精神バイオハザードです。

「やっぱり彼が好きなんだよね」+「長期化する交際(希望)」=「執着」
という負のスパイラル方程式が出来上がってしまいます。

◆恋を錯覚する期間

アラサー女性なら交際3年以内に結論を出し、無駄な執着で時間を無駄にしないようにしてくださいね。
ちなみに3年という期間は、恋愛において相手を好きだと錯覚する期間だと言われています。
それ以上行くと好きという気持ちに見せかけた執着(情とも言う)に変わってしまうからです。


▼こちらもおすすめ▼

コイスルカラダとは】
恋愛やSEXについてよく分からないまま大人になってしまった女性のための、恋愛・SEXウェブマガジン。
セフレを好きになってしまった、別れた彼をずっと引きずって次の恋愛に進めない、今更セックスのやり方を誰にも聞けない、恋愛したいのに出会いがない…
そんな、恋愛やセックス迷子の20~30代の女性をターゲットにし、最新情報をお届けするメディアです。

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス