このほど、米サウス・カロライナ州グリーンビルに住む2歳の女児が母がいない間に緊急事態で911コール。事情をうまく説明できない2歳児の元へ駆けつけた女性警察官。するとなんともほっこりしてしまう事態が起こっていたのです。

「何かあったらすぐに911を」

出典 https://www.youtube.com

いつも娘に「何かあればすぐに911をするように」と教えていたアリーヤちゃんの母ぺブルズ・ライアンさん。この日、ライアンさんが留守中に緊急事態が発生。アリーヤちゃんは普段の母の教えを守りすぐに911へコールしたのです。

「何かあったらと911へとは言っていたけど、まさかこんなことで電話するとか予想もしていませんでした。」とライアンさん。駆けつけた警官のマーサ・ローンズさんもドアを開けて見たアリーヤちゃんの姿にびっくり。その理由は…。

「ズボンが一人で履けないっていうことだったのよ。」

出典 https://www.youtube.com

ローンズさんが到着し、玄関先に現れたアリーヤちゃん。そして「ズボンが履けないの…」と言ったそう。どうやら膝までは自分で頑張ってあげて履いたようですが、その後が大変だったようで思わぬ「緊急事態」となり911してしまったそう。

その時、おじいちゃんが一緒にいたのですが、おじいちゃんもアリーヤちゃんが911したことに気付かなかったようで「いや、すみません。何でもないんです。大丈夫です。」とひたすら恐縮。

自身も母であるローンズさんは、アリーヤちゃんのズボンを履かせるのを手伝ってあげたそう。するとアリーヤちゃんはローンズさんにお礼のハグをしたのです。それ以来、二人は友達に。

「2歳の子供が911コールできるなんて驚いたわ。」

出典 https://www.youtube.com

実際にアリーヤちゃんが911コールした時には、はっきりとは言わずに電話はすぐに切れてしまったそう。それでもローンズさんは言います。「911に電話をかけるということ自体ができるなんて、2歳児なのにしっかりしてるなと驚きました。」

「誰からのどんな911コールにも真摯に対応します。」

出典 https://www.youtube.com

思わぬ緊急事態でアリーヤちゃんの元へ駆けつけたローンズさんのこの日の1日はとてもほっこりしたものに。普段、911コールがあると緊張しながら事件の現場に行き、悲劇的な場面に出くわすことが多い警官にとってはこのアリーヤちゃんの緊急コールは、ある意味心温まるものだったに違いないでしょう。

年間25万件を超える911コールがあるといわれるグリーンビル群保安官事務所。どんな事情であれ、コールして来た全ての人に真摯な態度で対応することを役目としている、と警察側はコメント。「この仕事は、情熱があって成り立つもの。」どんな小さな事件にも、誠心誠意に対応してこそ、やはり「市民の警察官」といえるのでしょう。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら