春日信達(前川泰之)を罠にはめて殺害してしまった真田昌幸(草刈正雄)。
生き残るためには手段を選ばないそんな昌幸を真田信繁(堺雅人)は毛嫌いする。

悩む信繁に、「それによって戦をしなくて済んだ」と梅(黒木華)は言葉をかける。
そして「戦って勝てばそれでいいのですか?」と信繁に問いかける。

「もちろん」と答える信繁に、梅はこう言った。

大事なのは人の命をできる限り損なわないこと。そんな気がいたします。」



この言葉で信繁は大きく変わる。

ついに戦いをはじめた北条方と徳川方。
真田軍は当初ついていた北条方を裏切り、徳川方につく。そして北条方の補給路となっていた小諸城を封鎖する。
これによって形勢が逆転し、徳川方が優勢となるのだ。

この策を思いついたのが信繁だ。戦をなるべく少なくし、味方を減らさないような妙策だった。

(梅「真田丸」第9話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら