記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
こんにちは、Doctors Me編集部です。

Doctors Meに風邪とお酒についての体験談が寄せられました。

風邪のときに酒を飲む
酒は体を温かくすることができます。ですから、風邪の時に飲むことは意外と良いことがあります。もちろん、そんなに飲みすぎることは良くないですが、それなりにメリットがある飲み物ではあります。

出典 https://doctors-me.com

Doctors Meにも「風邪のときにお酒はいいの?」といった質問が寄せられることがあります。本当のところはどうなんでしょうか。

今回は「風邪とお酒のカンケイ」について、医師に詳しく聞きました。

風邪っぴきにアルコールはやっぱりNG?

ここからはDoctors Me医師がお伝えします。

寒い季節、あちこちで風邪が流行していますね。
体調が悪いとなかなか寝付けず、ついお酒を手に取りたくなることもあります。

風邪をひいているときに、お酒を飲んで「アルコール消毒になるからいいんだ」と言う人がいるとも聞いたことがあります。

しかし、医学的には風邪をひいているときのアルコールの摂取は好ましくないと考えられます。

その根拠をいくつか順番にご紹介していきます。

よくない理由1:睡眠の質が悪くなる!

ひとつは、アルコールを飲むことで睡眠の質が下がってしまうことです。

眠れなくて夜お酒を飲んだら、寝付くことはできたけれどもどうにも睡眠が浅い。夢ばかり見たり、朝起きても疲れが取れずスッキリしない感じだった…と経験ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アルコールの作用として、寝付かせることには確かに一定の効果があります。しかし、そのあと睡眠を深く効果的な状態にキープすることに対しては、逆効果です。

よくない理由2:風邪薬との相性が良くない!

ドラッグストアで買った薬や病院で処方された薬など、いずれの場合も薬とお酒は相性が良くありません。

アルコールも化学物質です。
薬と身体の中で混ざることで期待した効果が出なかったり、反対に強く作用が出すぎてしまったり、あるいはまったく予期しない反応が出る可能性もあります。

風邪薬を服用中にアルコールを飲むことは非常に危険なことです。絶対にやめましょう。

よくない理由3:免疫機能を低下させる!

アルコールは身体に備わっている免疫機能を低下させてしまいます。

風邪は基本的に、身体の免疫力が低下したときに細菌やウイルスが体内に入り込んで起こります。
この細菌やウイルスを何とかして撃退すべく、身体の中では免疫をつかさどる細胞がはたらいています。
免疫力を高め、体内から異物を追い出すためには身体をしっかり休めたり、食事から栄養をしっかり摂取したりすると対策をとります。

しかし、お酒を飲むことでアルコールが免疫力は低下してしまいます。

風邪のときにお酒は…

身体を温める目的で、風邪のひき始めにホットワインや玉子酒といった軽いアルコール飲料を少量飲むことを、完全に否定はしません。

ですが薬を要するような状態であればアルコールは厳禁、と考えるといいですね。

≪手洗い、うがい、しっかり出来ていますか?≫
風邪の予防週間出来ていますか?チェックしてみましょう!

最後に医師からアドバイス

アルコールをとると、私たちはついリラックスしすぎてしまいます。
風邪を治すのに必要な最小限の心がけをおざなりになってしまうこともあります。

まずは水分を摂ったり、身体を温めたりして身体を休めて、風邪を治すことに専念するといいですね。

風邪を治して健康体でお酒を飲めるように、病気の時はお酒はやめておきましょう。


(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス