narcolepsyinc さんというユーザーネームを持つひとが、一枚の写真を投稿しました。一見、なんの変哲もないお父さんと娘の日常の写真です。しかし、よく見ると・・・。

まずは、この写真をご覧ください!

出典 http://imgur.com


○お父さんの足が短すぎる!そして、ペデキュアまで塗っている!

○女の子の手が三つもある! 女の子のお腹のところに、もうひとつ手がある!

○女の子の服装が、旧ソビエトの制服にみえる

謎解きをしましょう。まずは「お父さんの不自然な足」は、女の子のものです。この写真を一瞬見ると、お父さんが椅子に座って、女の子は立っているように見えます。が、実は女の子も座っています。少女の着ているロングベストが立っているように見えるんですね。

次は「女の子の3つ目の手」です。ノートと鉛筆をそれぞれの手に持っていて、お腹の上にもう1つの手が見えるんですが、これは、彼女が着ているピンクの服が、偶然手に見えただけのようです。

「旧ソビエトの制服にみえる女の子の服装」は、謎のままです。笑

目の錯覚を利用したものにトリックアートというものがあります。これから面白いトリックアートの写真たちをご覧ください。

月を食べちゃえ!

出典 http://doshomachi.net

つまみあげるぞ!

出典 http://doshomachi.net

轢かないで・・・

出典 http://doshomachi.net

足、でか~!

出典 http://doshomachi.net

ふう~っ!

出典 http://doshomachi.net

雲を食っちゃえ!

出典 http://doshomachi.net

空にも時計を作っちゃえ!

出典 http://doshomachi.net

ちゃぽーん

出典 http://doshomachi.net

どれも、遠近法を上手に使った写真ですね。こんなにアイデア次第でいろいろな写真が撮れちゃうんです。

「遠近法」をうまくつかうと、アイデア次第で、面白いトリック写真が簡単に撮れます。被写体は何でもよいのですが、手前にあるものと奥にあるものの大きさの差を出すために、なるべく離れて撮るようにしましょう。人物を被写体にするときは、撮る人がカメラで確認しながら、立つ位置を伝えるようにしてくださいね。

出典 https://withphoto.jp

もうひとつのポイントは、「ぼけ」です。街灯やランプ、電飾など点状の光を“点光源”といいます。点光源をぼかすと、玉ぼけ、丸ぼけという、ぼんやりとした丸い光が写ります。電球が並んでいるような場所を背景にして、人物と合わせると、口からビームが出ているような面白写真になりますよ。

出典 https://withphoto.jp

トリック写真を撮るには、「遠近法」と「ぼけ」が必要なようです。お父さんと娘さんの写真のように目の錯覚を起こす写真もあります。なんだか、ちょっと面白そうですよね?

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス