記事提供:NICOLY

毎朝毎朝やってくるメイクタイム。もうここ4、5年ほとんど同じメイクしかしてないかも……。でも、年齢とともにメイクでこだわるべきポイントは変わっていくものです。

いつからメイク、変えてない?

ギクッとしたのはきっと私だけではないはず。

仕事が忙しくなると、朝の身支度の時間は極限まで短縮したいもの。だから、ここ4、5年くらい毎日同じメイクしてるかも……。

でも、いつまでも20代前半のころと同じメイクをしているのはちょっとイタいし、そろそろ歳相応のメイクにシフトするべき。

アラサー女子はベースメイクが勝負どころ

株式会社decenciaが行った調査によると、

「バレンタインメイクはどこに力を入れるか」という問いに対して、10~20代はアイメイクをはじめとしたリップやチークなどのカラーを重視したメイクに力を入れると答えた方が多かったのに比べ、30~40代はベースメイクに力を入れる方が多く、約1.5倍の差があることが判明

出典PR TIMES

したとのこと。

アイシャドウやチーク、リップなど、ポイントメイクにこだわるのは20代まで。

アラサー以上は、やはりどれだけ美しい肌を演出できるかどうかが勝負どころのようです。

もちろん、素肌の美しさを保つためのスキンケアは必要不可欠。正しいスキンケアのポイントは

1 使用量の目安をまもり、肌がしっかり潤う量を使うこと

2 感触や香りにこだわってリラックス効果を与えること

だとか。

また、20代前半にスペシャルケアだと思って使っていたパックや美容液も、アラサー女子にとってはレギュラー選手。

肌を甘やかすことを恐れずに、惜しみなく与えるスキンケアにシフトしていきましょう。

2月はストレスを感じにくい時期?

実は、2月は年間で一番角層の並びが悪くなる時期だとか。

角層が乱れていると、スキンケアの浸透率が悪くなったり、メイクのりが悪くなったり、肌が敏感になりやすくなったり……美肌を保つのが難しくなります。

一方、同じ調査で

2月は年間で一番ストレスを感じることが少ない時季でもあること

出典PR TIMES

がわかったとか。

つまり、肌の調子が傾きがちな2月だけれど、ストレスが少ないぶん、挽回のチャンスがあるということ。

いつも以上に優しくいたわるスキンケアで肌の調子を整えたら、アラサー女子の勝負どころであるベースメイクもより美しく映えてくれそうです。

アラサー女子はベースメイクを極めるべし

アラサー女子は、ポイントメイクを重視するメイクから、肌の美しさを演出できるベースメイクを極めるメイクにシフトすべき時期にさしかかっているよう。

まずは素肌を健全の保つスキンケア、そして時間をかけてベースメイクを作りこむことで、歳相応の大人メイクができるようになりそうです。

Top image via Weheartit

written by NICOLY編集部

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス