小さいころに見ていた「おかあさんといっしょ」などの子供番組。
成長とともに目にする機会はほとんどなくなりますが、結婚し子どもが生まれると、なんとなく見せてみるかという気になり、改めてじっくり見る機会があるお父さんお母さんも多いと思います。

そんな時、多くの人が通るであろう、ある通過儀礼的育児あるある漫画が話題です。

Twitterユーザーの「ヤマモト(@ymmtkid)」さんも、何の気なしに子供におかあさんといっしょを見せ、一緒に見ていたようですが…

■話題のツイート

・おかあさんといっしょを見てみた

出典 https://twitter.com

出典 https://pbs.twimg.com

なんとなく見てみたら、その想像以上の内容に衝撃を受けた…という内容。

この経験、多くのお父さんお母さんも経験されているのではないでしょうか。

■共感した方々の声

・わかるわかる

出典 http://yukimaroman000.hatenablog.jp

♬「パンパパ・パン」

ですね!

・たまたま尖った回だった

出典 http://seikatu-chie.com

♬ブンバボーン

たしかに、「パンパパ。パン」と「こんにゃくこんやくう?」が放送されるのはかなり濃ゆい。

・このたくみお姉さんを目に焼き付けて!

出典 http://ameblo.jp

♬「こんにゃくこんやくう?」

4月4日からは新しいお姉さんにかわるので、このバージョンももうすぐ見納め!

・みんな通る道。

子どもより、意外に大人が釘付けになっちゃうんですよね。

■実際、中毒気味になっている人も多い

子どもがハマる理由がわかりすね。

ついついいつの間にか口ずさんでしまっている経験、私もあります。

どんな子供でも、もれなくハマってしまう魅力のある「おかあさんといっしょ」をはじめとする子供番組。この漫画を描いたヤマモトさんも、トンデモナイものを見た衝撃は最初だけで、きっといつの間にハマってしまうこと間違いなしでしょう。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス