◆ 実はすでに海外進出を果たしている、柿の種

出典 http://ec.shop-huistenbosch.jp

おやつに、ビールのおつまみに…。パリポリと、つい食べる手が止まらなくなってしまう柿の種、日本人なら誰でも知ってる国民的人気を誇る米菓です。そんな柿の種、外国人観光客にも大人気で、日本を訪れる外国人が爆買いしている事も話題となっていましたが…実はすでに、柿の種は海外進出を果たしていたってご存知でしたか?

柿の種(かきのたね)とは、練った餅米(またはうるち米)を細かく切り、表面を醤油などでコーティングして味付けして焼いた米菓の一般名称である。

出典 https://ja.wikipedia.org

◆ 柿の種を創案したのは「浪速屋製菓」

出典 http://www.naniwayaseika.co.jp

現在の柿の種を最初に作り出したのは、新潟県にある浪速屋製菓です。
創業者である、故・今井與三郎が考案し、大正12年の創業当初はウルチ米の煎餅作りという手法を取り入れられていました。
その後、いくつもの工夫をこらし、大阪のあられ作りを取り入れモチ米を使ったあられを作るようになったそうです。これが新潟県にあるにも関わらず、社名が「浪花(なにわ)屋」の由来にもなっているんだとか。

いまや世界ブランドとなった 米菓・柿の種
元祖は新潟県長岡市に本社のある、浪花屋製菓です

出典 http://www.naniwayaseika.co.jp

そもそも「柿の種」はお米を利用した地元特産のお菓子として親しまれ、その創案は同じ新潟県内にある浪花屋製菓であるという。

出典 http://news.livedoor.com

◆ なぜ、柿の種って言うの?

出典 http://www.naniwayaseika.co.jp

浪速屋製菓の公式サイトの開設によりますと…当時はすべて手作業で薄くスライスした餅を何枚かに重ね、小判型の金型で切り抜いて作っていたんだそう。
ところが、ある日その金型をうっかり踏み潰してしまい、元に直らずそのまま使用したところ、歪んだ小判型のあられになってしまいました。
そんなあられを持って商いをしていた所、とある主人にこんな歪んだ小判型はない。形は柿の種に似ている」と言われた事から、大正13年に「柿の種」が誕生しました。

◆ 柿の種にピーナッツを入れたのは「亀田製菓」

出典 http://amazonhonyaku.com

柿の種そのものを作りはじめたのは浪速屋製菓ですが、米菓メーカーが多い新潟県では沢山のメーカーが柿の種を製造しております。こちらも全国的に人気の高い、亀田製菓が製造している柿の種ですが、ピーナッツを最初に入れたのは亀田製菓が初めてなんだとか。
その後もお客さんの声を取り入れつつ、ピーナッツとの割合を調整したり、小袋にわけたりと様々な工夫を重ねて、今年50周年を迎えるベストセラー商品となっています。

「当社は『柿の種』に関しては後発メーカーなんです。ただ現在の形であるピーナッツを入れて全国展開したのは当社が初めてなので、そこから数えて今年50周年ということになりました」(同社広報部)

出典 http://news.livedoor.com

「東京の帝国ホテルさんが、外国人のお客さん向けに『柿の種』とピーナッツを出していたという説もあれば、『柿の種』の湿気を取るためにピーナッツを入れ始めた、という説もあります」(同前)

出典 http://news.livedoor.com

◆ 海外でも人気の柿の種

出典 http://umalog.exblog.jp

筆者がハワイ旅行時に現地のドラッグストア等で見かけた、KAKINOTANE(柿の種)。こちらは亀田製菓のものではありませんが、日本人観光客や日系人が多いハワイではあまり珍しくもないそうで、スーパーやコンビニでも普通に見かけましたよ!

ハワイでは美濃屋あられ製造本舗が現地のTAIYO Inc.へのPB提供(TOMOEブランド)で戦後から輸出をしていた影響からか、色の濃い、黒に近いあられが主流となっている。今でもハワイのABCストアや空港ではTOMOEブランドのあられが販売されている。

出典 https://ja.wikipedia.org

◆ ヘルシー志向の商品として海外進出

出典 https://shikiho.jp

亀田製菓の柿の種がアメリカに進出したのは実は意外と早かったんです。
なんと1989年!日本ではお酒のおつまみというイメージが強い柿の種ですが、海外では低アレルギー性、低脂肪のライスクラッカーとして販売。2013年には現地生産でグルテンフリーの柿の種も生産をスタートしています。
今では、ヘルシー志向のアメリカ人に向けた健康的でお洒落なスナックという位置づけに。パッケージデザインも日本とはガラリと違っていますよね。

今では、ヘルシー志向のアメリカ人をターゲットとする、おしゃれなスナックになっているそうです。

出典 http://news.livedoor.com

重点戦略地域は欧米と新興国だ。北米では、1989年に三菱商事とともに現地のビスケット製造会社TH FOODSに出資。同社は米国人の健康志向を追い風に、コメ原料のクラッカーの売り上げをじわじわと伸ばしてきた。

出典 https://shikiho.jp

亀田製菓は2008年4月にアメリカのカリフォルニア州で柿の種を"kakinotane"の名称で試験販売し、その後発音のしやすさから"Kameda Crisps"に名称を変更、本格販売を開始した[4]。アメリカ版の柿の種はアメリカ人の嗜好に合わせ、イリノイ州産の大き目のピーナッツを使用しており、ピーナッツ自体も塩味で味付けされている。またアメリカでの健康ブームに合わせ、ノンフライであることを売り文句にしている[5]。

出典 https://ja.wikipedia.org

◆ グルテンフリー商品として人気を誇っているらしい

出典 http://kaori1203.exblog.jp

Kameda Crispsという商品名で海外では販売されている柿の種。
パッケージや味のバリエーションは日本国内の商品とは異なります。中身は変わらずあの形をしているのですが、パッと見ただけではまさか柿の種とは思わない程スタイリッシュです。気になるお味は、スイートチリやワサビ、ブラックペッパー、BBQなどなどやはり外国人向けのフレーバーが採用されている模様。
海外旅行先などで見かけたら、ぜひ買ってみてください!

亀田製菓は現在、世界四か国に子会社・関連会社を6つもつ。そのうちのひとつ、2013年に再上陸を果たしたベトナムでは、歌舞伎揚げに似たお菓子が「もんのすごおおく売れてます」(同社広報部)。

出典 http://news.livedoor.com

出典 YouTube

◆ もちろん日本でも人気!柿の種の専門店もあるんです

出典 http://umalog.exblog.jp

もちろん、日本でも絶大な人気を誇る柿の種です。市販品はもちろんの事、エキナカやデパ地下などにも柿の種専門店が出来るほど。定番の醤油味の他に、チーズ味や甘いスイーツ系の味など、実にバリエーションは豊富です。

柿の種フレーバーは「濃厚なコクの贅沢チーズ」や「甘醤油のあと辛」などのおつまみ系からキャラメルラテなどのスイーツ系商品や、期間限定商品を含め約10種類。

出典 http://www.excite.co.jp

味付けは、例えば「贅沢チーズ」はナチュラル・チーズ(ゴーダ)を60%以上、「山椒とたまり醤油合わせ」では京都の七味家本舗製を使用。「わさびと醤油合わせ」は安曇野産わさびを使用するなど原料にもこだわりをみせる。

出典 http://www.excite.co.jp

◆ その他の柿の種の記事はこちら!

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス