原発は安全なり!?

放射線の線量基準に根拠が無いと発言した大臣へ。


根拠がないということは、安全であると言うことですよね。
ならば、今すぐ大臣自らその安全性を実証すべきと存じます。


つまりは、事故のあったあの福島原発の近くに転居し、そこで毎日暮らして、国民に放射線及び原発の安全性をアピールしてくだされば、皆も納得するはずです。


そして、一刻も早くその安全な原発を東京23区内に建設してほしいものです。


政治家たるもの、他人には汚いことを押しつけて、自分はクリーンに安全に暮らすなんて下衆なやり口はしないでしょう。


常々、国の為、国民の為に汗を流す所存ですとおっしゃっている政治家さんが、まさか、そんな外道的な発想は持たないはずです。
ましてや、元女子アナなのだから、まさか、権力を握った途端、国民を足げにするなんて、犬畜生にも劣るような変わり身は見せないでしょう。


その安全性は自ら体を張って示すべき。
それがまっとうな人間のやり方です。
自分さえよければいい、自分さえ贅沢出来ればいい、もし、微塵でもそんな考え方を持っているのなら、いち早くこの世から消えるべきだと私は思います。


いまだに、故郷に帰れず、慣れ親しんだ土地に戻れず、辛い日々をなんとか耐えている人がたくさんいる中、自分は日々安全に、のうのうと暮らしている政治家が、平気で戯言を発するこの異常さ。
そんな感覚を持った人間が大臣でいられるこの国の異常さ。
異常がいつしか日常になっていくこの絶望。
もはや、末期症状です。


社会的な地位も高く、責任を負う立場にある人間が簡単に無責任な発言をすることに、そろそろ鉄槌が下されるべきだと私は思います。
悪を栄えさすのはそろそろ止めにすべきだと私は考えます。
有権者は自分の愚かさを慎み、賢くなるべく、世の中の動きを冷静に判断し、善と悪、必要と不必要、賛成と反対を見極める為に、自ら行動すべしと私は願います。

この記事を書いたユーザー

rubbish-JPN このユーザーの他の記事を見る

社会の片隅で、日々の暮らしの中、生きるための目的を探し、そして、残り少ない時間をどう過せばいいのかを模索しながら今日に至った人間です。果たして私は何が残せるのか?
別に残せなくても、それもまたよし。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス