タレントの田代まさしさんが、薬物リハビリの為に歌をリリースする事が決定した

出典 YouTube

しかし、マーシーは本当に薬物事件の事を反省しているのかとネット上で話題に

9sari groupのYouTube公式チャンネルでは同曲のミュージックビデオを含む映像「9SARI HEAD LINE #番外編VOL.4『田代まさしが心配して9sari スタジオに来た!』」が公開されており、この動画の中で田代は漢 a.k.a. GAMIのラップの大師匠という設定で9sari groupを訪問する。

「危なっかしい若者が(店の前に)たまってたから心配になってさ」と話す田代に、漢、D.O、RYKEは「心配なのはマーシー(田代)のほうだぜ!」と反発。

これに「大丈夫だよ。ちゃんとこういう本も出してるんだから」と自身の著書「マーシーの薬物リハビリ日記」を見せるが、それでも疑惑が晴れない田代は「証拠見せようか?」と漢にラップバトルを挑む。漢らからぶつけられる「本当に大丈夫なのか」というワードに対し、「だいじょうぶだぁ」を連呼するラップを披露している。

出典 http://natalie.mu

しかし、田代まさしさんは過去に薬物違反で逮捕されている過去があります。
そんな彼が、こんな歌をリリースする上に著書まで書いている事をアピールしている事は「本当に過去の事を反省しているのか?」と賛否両論だそうです。

清原容疑者が逮捕された時は、なぜかアドバイスコメントを残したのにバッシングされる展開に

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)について、薬物依存のリハビリを目指す団体「日本ダルク」代表近藤恒夫氏(74)と、元タレント田代まさし氏(59)が7日までにインタビューに答えた。両氏はともに、いまだ「今日1日やめる」を続けようとしている薬物依存者であることを強調。田代氏は「自分はクスリをやめられない『病気』なんだって自分で認めた時に、ようやく回復のスタートに立てた」と経験を語った。

出典 http://www.nikkansports.com

清原容疑者逮捕時は、インタビューにて薬物を克服する為のアドバイスを伝授。しかし、既に何度も逮捕され期待を裏切り続けたマーシーのコメントに耳を貸すファンは殆どいませんでした。

バカ殿こと志村けんさんも、何度も助けようとしたのに・・・

また、志村けんのバカ殿様でマーシーと共演し続け可愛がっていた志村けんさんは、何度も救いの手を差し伸べようとするたびに裏切られ続けてきたのです。
そんな彼のギャグ「だいじょぶだぁー」を、このようなラップに使用する事を、大御所の志村さんは許してくれるのでしょうか?

薬物逮捕後も、復帰して活躍する人の多い芸能界。今回のラップ局は、復帰への大きな薬になるのでしょうか・・・?

芸能界で、薬物依存から立ち直った人といえば、美川憲一さん、長渕剛さん、槇原敬之さん、酒井法子さんなどが挙げられます。

どの方も、ヒット曲などにより復活している事が多いので、もしこのラップが流行したら再ブレイクの可能性もありうるのです。

今や、マッキーの薬物事件なんて誰も忘れている事でしょう・・。

またCHAGE and ASKAの飛鳥涼さんはリハビリ中とか・・・。

そんなマーシーは2ちゃんねるでは「神」として崇められ絶大な支持を得ているらしい

出典 http://trunks.blog.so-net.ne.jp

そんなマーシーですが、なぜかネットの民からは「神」と崇められているとか。
何度も底に落ちてもくじけずに立ち上がるマーシーに、見ていてどこか羨ましい部分もあるのかもしれませんね。

マーシーの復活劇は前途多難。本当の復活劇は彼自身が本当の意味で反省した時になるかもしれない・・・。

田代まさしさんが、本当の意味で復帰を認められる為には、彼自身が反省の意味をこめた何かをしないといけないのかもしれません。ラップをしたり、著書を書いて小銭を稼いでいるようではナカナカ認められないのが現状です。

今後の活動次第で、評価もどんどん変わっていくのかもしれない田代さん。
今後は、一体どのような形で仕事をしていくのか・・。怖いもの見たさもありますが、見守っていきたいものです。

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス