部屋で絵を描く友彦(三浦春馬)のもとに、介護人の中村彩(水崎綾女)が入ってくる。
そして、恭子(綾瀬はるか)が介護人のリクエストを受け入れたと報告した。

美和(水川あさみ)の提供が終わったことを悟った友彦は、ゆっくりと彩に話しかけた。

「俺、絵、全然描けなかったんだよ。子どもの頃、描かされるのが嫌で嫌で。
でも、今、描けるようになって、本当に良かったなって思う。
会えなくなっても、会うことができる。

友彦が描いていた絵は、幼き頃の恭子と美和が笑い合っている姿だった。

(土井友彦「わたしを離さないで」第8話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら