私は思った。
私はいたずらに骨折り空しく力を使い果たした。
しかし私に報いてくださるのは神である。イザヤ書49:4

イエスの言葉:
神の国は次のようなものである。
人が土に種を蒔き、種は芽をだして成長するが、
どうしてそうなるのかその人は知らない。
土からまず茎、次に穂、穂には実ができる。マルコ4:26~28 

        (ローズンゲン日々の聖句3/5;土)

 私たちは思うときがあります。

いたずらに骨折り、空しく力を使い果たしてしまった。損をしてしまったと。

けれども、すべてを見ておられ、正しく公平に報いをなさる方がおられるのだそうです。



 私たちが、夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出し育ちます。

 また、風は思いのままに吹き、私たちはその音を聞くけれども、それがどこから来てどこへ行くのかを知りません(ヨハネ3:8)。



 そのように、その方の御業は、私たちの気がつかない時にも前進しており、必ず、正しい決着をつけてくれるのだそうです。
だから、復讐はその方にお任せし、私たちは聖である方をお迎えし、その方が心に置いて下さる御思いについて行き、新しい創造、「聖である霊」と呼ばれる方の働きのの中で(ガラテヤ6:15)、今、目の前にあることに専念していけばいいのだそうです。
今日も。




[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] <ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>[269RANKのランキングサイト]"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら