面接って選考官の前だけが本番だと思ってませんか?
ビルに脚を踏み入れた瞬間から、面接は始まっていると思った方が良いかも。


え!そこから?!と思うかもしれませんが、
就活生のみなさんは良くも悪くも目立つのです。

そこで「担当は見ている!」というポイント
面接開始までの時間を控室編として3つご紹介します。

1 ビル近辺の喫煙所

喫煙そのものは悪いことではありません。
しかし、TPOを見極めて喫煙することがポイント

先日、面接開始までの待ち時間に
「そこ(社内の喫煙所)でタバコ吸ってきてもいいですか?」
という学生さんからの申し出がありました。

悪いことじゃないんだし、トイレ休憩と一緒でしょ。

確かにそうかもしれません。
しかし。社員は見てます。
見てない振りして意外と見てます。

選考中の身であるという事をお忘れなく

ビル付近の喫煙所でもご用心。
選考を受けている企業の社員の方も
同じ喫煙所にたまたま居合わせていたりなんてことも。
知らずにうっかり面接の愚痴なんか話してしまったら。。

うー。なかなか恐ろしいですね。
喫煙タイムは気を抜いてしまいがち。
あまり油断しない方が良いでしょう。

2 お手洗い

選考前はお手洗い、行きたくなりますよね。
緊張しますし、それは仕方がないことです。

企業のお手洗いを借りるのは問題ないです。
みなさん快く貸してくれるはずです。

しかし、お手洗いでは余計なことはしない方が良いです。

例えば、
女性はお化粧直し。
男性なら、ワックスでヘアスタイル直し。

気付いてないかもしれませんが
結構目立ってますよ。

身だしなみは整えてから訪問するのがベストです。

3 控室スタンバイ中

誰しも選考前の緊張した時間をじっと過ごすのは辛いもの。
気を紛らわすために、居合わせた他の学生さんとおしゃべりしたい。
情報交換したい。と考える方も多いのではないでしょうか。

静かに過ごしてもらえれば、多少の世間話ぐらいは良いと思います。
緊張をほぐしてもらって、リラックスして面接に挑んでもらう方が
自分らしさが出ますので企業側にとっても喜ばしいことです。

しかーし。
何気なく待っているこの時間。
実は見られているのです。見ています。

マナー違反をしなければ問題はないのですが、
ついつい盛り上がっている内に大声に。
選考前に話さなくても良いようなキワドイ内容の会話をしてしまったり。

私も目撃してハラハラする場面が何度かありました。

壁に耳あり、障子に目あり。
用心に越したことはありません。

いかがでしょう。
「これも全部ひっくるめて私です!」
という心意気なら良いのですが、気が付かずに選考落ちなんてことは
できれば避けたいですよね。

ついつい油断しがちなポイントをご紹介させていただきました。

みなさん就職活動がんばれー!yomemeでした。

この記事を書いたユーザー

yomeme このユーザーの他の記事を見る

yomemeです。仕事は採用アシスタントです。学生さんからはなかなか見えてこない企業の裏選考ポイントの紹介や就職活動のアドバイスができればと思っています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら