ママ友同士のLINEトラブル

Aさんの子供が幼稚園の年長の時の話です。

新学期に【クラスのグループLINEを作ろう!】と言う話しになり、クラス全員が連絡先を知る仲になりました。

便利だろうと始めたグループLINE。
このLINEが騒動を巻き起こし、
最終的に家族まで巻き込む事件に発展

その原因はいったい何だったのでしょうか?

ある日、クラスのグループLINEにBさんが「ランチをしよう!」とお誘いのメッセージを流しました。
色々な人がコメントをする中で22時を過ぎたころ、
Cさんが
「もう夜遅いので、LINEは控えませんか?」 

と、コメント。

これに対して、「通知設定を切ればいいんじゃない?」と返答するママがいて、
他のママも「通知OFFにしておけば音はならないよ。」「私も普段は通知は切ってるよ。」親切心でお返事をしたそうです。

しかし、Cさんは責められたと勘違いして、他のクラスのママに愚痴を言ったそうです。

その後、なぜかその愚痴の内容が漏れ、「通知設定を切ればいいんじゃない?」と返事をしたママの耳に入り、そこからジワジワと もめ事が始まりました。

私は何も悪いことは言ってない!

通知設定を切ればいいと発言しただけなのに、それの何がいけないの?
私は何も悪いことは言ってない!


☆子供がいるから早い時間はLINEできない落ち着いてLINE出来るのは21時以降。
☆そもそも、子持ちのなんだから22時過ぎにLINEとか迷惑だよ。
☆LINEの通知の切り方をみんなが知ってるわけじゃないのに急に通知切れとか言われても困る・・・

それそれが、それぞれの場所で自分の意見を口に出して話す機会が多くなり。
意見に賛同する人・反対する人と徐々に溝ができたそうです。

仲良しのママ友同士だと会話の中では同調しても心の中は「私は違う。」と思っている人も居て、同意見のママ同士が反対意見のママを誹謗中傷するケースまで出てきました。

ある日、幼稚園の行事の際にクラスの親が集まり園長先生を交えてLINEの事件について話し合いがもたれました。

Aさんはクラスの役員として
「子供に悪い影響があっても困りますので、わだかまりは今日で終わりにしましょう。」と問いかけ、その場で意見を述べてもらい当事者となったママさん達も「誤解が生じたこと。」と和解したそうです。

話は丸く収まり、当事者同士も納得し、話は終わったと思ったのに さらなる事件が起こってしまいました。

愚痴の内容を言いふらしたのは誰なのか?

当事者同士が話し合いをし、和解した後、他のママが一言
「その愚痴をばらまいたのは誰なの?」と疑問を持ったそうです。

「LINEを控えませんか?」とコメントしたCさんは普段から仲が良いママ友Dさんに愚痴を言いました。

「最初に愚痴を聞いた人が他の誰かに言わない限り話はそこで止まるはず! 
そのママが他の人に言った以外考えられないのでは?」
と言い出し、

「いったい誰に話したの?誰なのか教えて!」
と詰め寄らる羽目に…


Cさんは 最初に誰に話したのか教えるのは正直イヤだったけど、自分があちこちで言いふらしたと思われるのも嫌なので

「私が話したのはDさん。」と名前を出したそうです。

Dさん。。。 その人の名前が出たことで 話はさらに炎上していくことになりました。

信じていたママ友が一番の問題児だった

その後、色々な場所から「DさんがLINEの件を話していた。」と言う情報が入ってきたそうです。
Dさんは幼稚園のママ達に会うと誰でも構わず
「LINE事件知ってる?」と話していたそうで。。。


一番信じていた相手がアチコチで話をばらまき、おまけに尾ひれ背びれまで付けていたなんて・・・Cさんのショックは相当の物でした。

Cさんは裏切られた気持ちもあり自然とDさんから離れていき、
Dさんも自分が言いふらしたことが、Cさんにばれていると確信したのか何も言ってこなかったそうです。

ここで、話が終われば 何もなく平穏な日が戻るはずでしたが、

おせっかいなママが 
「ここだけの話、Cさんが自分から最初にDさんに愚痴を言った!ってクラスの人に話したんだって~!」と余計な事を言い始めた。



「Dさん自業自得だけど、Cさんに売られたわね。」
「自分の無実を証明するのに友達の名前出したんじゃない?」と話が流れ始め。

「クラスの人しか知らない事を、なんで他のクラスのママが知ってるの?」

「クラスの誰かが話を外に漏らしたんだよ!誰が言ったの??」と 炎上。

収束するどころか枝分かれになってしまい、まるで探偵気取りで犯人捜しをする人まで出たそうで、卒園まで親同士の探り合いは続いていたそうです。

もう幼稚園に行きたくない

幼稚園児とはいえ、子供は敏感です。
親同士の会話も聞いていないようで聞いています。
Dさんの娘さんは「もう幼稚園に行きたくない!お友達が悪口を言うから、もう行きたくない。」と登園しなくなってしまったそうです。

子供達は親がDさんの悪口や噂話をしているのを聞いていたそうで、幼稚園でDさんの娘さんを責めるような言葉を発する子も居たそうです。

噂好きなママが面白おかしく話をバラまいた結果が自分の娘を苦しめた。
親として一番つらい結果がDさんに突き付けられてしまったのです。

ただの噂でも 子供の聞いている場所では控える

この騒動で一番の被害者は子供たちです。
親同士は話し合ったりすることで誤解も解けるし納得もするでしょう。
しかし、子供たちは親から入ってくる情報で友達関係を崩してしまうのです。

厄介なのは 子供に情報を与えてしまう母親です。

後先考えず 「○○ちゃんのママがね~▽▽なんだって~」と子供に話すのです。

子供は素直ですからママの言う事は信じますから、お友達にも普通の会話としてその情報を話します。子供たちは何も解らず親の言う事を鵜のみにして子供同士で話すのです。
悪いのは子供じゃないです、情報を与えてしまう親なのです。


全国のお母さん 
子供の前で、人の悪口・噂話は
絶対にやめましょう!!

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら