フェイスバームはべたつくイメージがあって、使っている方は少ないと思いますが、一度使ってみれば肌への化粧水、美容液の浸透をよくしてくれます。

用意するものは、基礎化粧品とフェイスバーム フェイスバームは洗顔した後、基礎化粧品のときに使うのですが、化粧水か美容液に少しまぜて、美容液をつかってない方は化粧水に混ぜてください。

オイルと液体ですから、分離してしまいますから、手のひらでとろみが出るまでしっかり混ぜましょう。

最初はオイル感がありぬりにくいですが、丁寧に手で抑えしみこませていくかんじで顔全体に広げてみれば、バームが化粧水や美容液を肌に閉じ込め蓋してくれる役目を果たしてくれて、液体のほうが先に肌に浸透してくれます。

効果を引き出すため水分の基礎化粧品を混ぜて使ってみることがいいでしょう。

フェイスバームを使い終わったら、乳液、クリームを塗り肌を整えて、フェイスバームをつかっていますから、乳液などの量は今まで出していた量より少なめですみ、しっとり感をすぐ感じていただけます。

肌が乾燥しており、手が付けられない時は美容液、バームを混ぜたものを風呂に使っているとき顔に塗り、スチーム効果で乾燥を和らげられて、次の日の朝肌がしっとり、つやつや、化粧ノリが本当に良く、肌のつやが続くのです。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら