日本銀行によるマイナス金利政策が始まりました。マイナス金利によって日本経済に色々な影響が出てくると言われていますが、住宅や自動車などの購入を検討している人には、願ってもないチャンス到来となりそうです。
お金のプロと言われるFP(フィナンシャルプランナー)が語るマイナス金利で得をするケースについてまとめてみました。

2月からマイナス金利がスタート!それって何?

1月29日に日本銀行で行われた金融政策決定会合で、マイナス金利政策を導入することが決定され、2月16日からマイナス金利政策がスタートしました。
マイナス金利とは、通常、銀行などにお金を預けると利息がつきますが、逆に利息が差し引かれてしまい資産が値減りすることになります。
とはいっても、私たちが普段、銀行に預けている預金ではなく、市中の銀行が日本銀行に預けている当座預金の一部に適用されます。

銀行にお金を預けると付くはずの利息が、反対に差し引かれる状態をいいます。日銀のいうマイナス0.1%では、1万円を1年間預けると9千990円に目減りしてしまうのです。ただし、これは銀行が日銀に預金する際の金利です。

出典 http://news.livedoor.com

マイナス金利政策の影響が現われ始める…

マイナス金利政策がスタートすると、銀行や生命保険会社にその影響がじわりと出てきました。他の銀行のような融資業務に制限を受けるため国債などで運用を行っているゆうちょ銀行は、「定額貯金」の金利を下げると発表しました。
またマイナス金利により運用益の減少が予想されることから生命保険会社では、一部の商品の販売を中止することを発表しています。

マイナス金利の導入で、金融市場や私たちの暮らしにさまざまな影響が及び始めています。銀行の間では、普通預金や定期預金や住宅ローンの金利を引き下げる動きが出ている一方、円相場と株価が乱高下するなど、日銀の思惑とは逆の形にもなっています。

出典 http://www3.nhk.or.jp

ゆうちょ銀行は8日、日銀がマイナス金利政策の導入を決めたのを受けて、預貯金の金利を引き下げると発表した。9日から、期間6カ月以上3年未満の「定額貯金」は年0.035%から0.025%に下がる。

出典 http://www.sankei.com

第一生命保険では、銀行の窓口販売に特化した子会社で一時払い終身保険の一部の販売を今月16日から停止しました。国債の利回りが低下し、運用が難しくなってきたことが背景です。

出典 http://news.tv-asahi.co.jp

マイナス金利の恩恵を受ける住宅ローンは、借り換えを!

日本銀行のマイナス金利政策により家庭で恩恵を受けられるのは、住宅ローンの金利が安くなる点といえます。
銀行などでは住宅ローンなどの金利を引き下げられる方向で話しが進んでいるので、すでに住宅ローンを借りている人は、住宅ローンの借り換えなど見直すチャンスとなりそうです。

家計にとって数少ないプラスに働きそうなのが住宅ローンだ。

出典 http://www.nikkan-gendai.com

最も大きな影響は「住宅ローン」や「不動産投資ローン」における金利だ。実際に、マイナス金利導入直後から住宅ローン金利引き下げのニュースが流れた。いち早く動いたのは、住信SBIネット銀行やじぶん銀行といったネット銀行。続いて、三菱東京UFJ銀行などのメガバンクも2月の住宅ローン金利の引き下げを発表している。

出典 https://zuuonline.com

プロが教える!住宅ローンで得するケースとは?

住宅ローンの借り換えを考えた場合、どのような場合に得をするのか?
お金のプロであるフィナンシャルプランナー(FP)が、試算したデータをもとに調べてみましょう。
現在、住宅ローンの金利3%だった場合、金利1.5%の住宅ローンに借り換えると、最終的に500万円近い金額を得することになりそうです。
住宅ローンを1.6%以上で借りている人は、借り換えを検討したほうが良さそうです。

2,500万円を25年で返済、固定金利、返済方式は元本均等方式とします。
すると総支払額は、
金利3%の場合、約3,440万円
金利1.5%の場合、約2,970万円となり、差額は約470万円。
借り替えに必要な諸費用を差し引いてもかなりお得です。

出典 http://www.hoken-buffet.jp

すでにローンを持っている人は、見直しのチャンス到来。現在1.6%以上のローンを持っている人なら、借り換え費用をかけたとしてもメリットがある。準備をしつつ、借り換え実行は3月以降にするのがいいだろう。

出典 http://diamond.jp

これからプロと相談しながら資産運用する時代に

マイナス金利により住宅ローンなどの利率が下がるメリットがある一方で、預貯金や生命保険などの資産運用面については、予定よりも収益が減ってしまう可能性があるなどの家計にもデメリットが出てくると言われています。
一方で、銀行などの金融機関や生命保険各社などは、マイナス金利の運用益が減る分、少しでも利益を上げるため自分たちに有利な商品を勧めてくる可能性も出てきました。

これからのマイナス金利の時代に賢く資産運用を行うためには、銀行や生命保険会社の営業マンの話しをただ鵜呑みにするのではなく、お金のプロと言われるフィナンシャルプランナー(FP)と言われる資産運用の専門家に相談しながら資産を守り増やしていくことが大事になってきているといえます。

投資信託などは、リスクを取るのは個人であり、銀行は手数料をもらうだけですからノーリスクで稼げる商品。これからは個人の口座にある預金で投資信託などを買わせる大攻勢が始まるはずです。「預金していても金利がつきませんから投資信託へ」という誘い文句がマイナス金利の登場でさらにリアルになってきました。

けれど、株も為替も不安定な状況であり、デフレはまだ続きそうなので、焦って投資などする必要は全くありません。

出典 http://www.itmedia.co.jp

ファイナンシャルプランナーは、これらの幅広いお金のうち、以下の6つの分野を扱います。節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。
1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

出典 http://www.u-can.co.jp

マネープランをお手伝いするお金の専門家
一般的には、個人や企業のマネープランづくりをお手伝いする人。家計の節約や貯蓄、投資のアドバイスから企業のリスクマネジメントのお手伝いまでします。

出典 http://www.hoken-buffet.jp

この記事を書いたユーザー

shunpeim77 このユーザーの他の記事を見る

医療・福祉系の仕事に携わっていて、現場から得た知識や経験を発信していきます。また日本経済や資産運用についても興味があります。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 暮らし
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス