LINEやネットで募集をかけている短期バイト。

応募する時に気をつけて見てもらいたいのが、

"面接説明会"

これが書いてある場合、面接会場に出掛ける前に確認した方が良い事がある。

短期単発の仕事があるかどうか?

日雇い。と云う雇用形態に規約があるのをご存知だろうか?

労働者派遣法の改正により、平成24年10月1日より日雇派遣が原則禁止になっている。

一部の業務を除くと、

・60歳以上の者

・雇用保険の適用を受けない学生

・世帯収入又は、個人収入が500万円を越える者

以上の条件を1つ以上、満たさない場合は雇用保険に加入しなければならない為。単発ではなくシフトを提出したレギュラーとして短期契約をしなければならない。

バイト募集の歌い文句である、
"最短1日~"
と、云うのは、以上の条件以外の
"禁止例外業務"
を持っている登録先に限る。
と、云う事である。

詳しくは下記を読んでいただきたい。

以下の[1]か[2]のいずれかにあてはまる場合は、例外として日雇派遣が認められます。 ([1]と[2]の両方を満たす必要はありません。)
[1] 業務が、以下の業務の場合<図1参考>
<図1> 禁止の例外として認められる業務

[2] 以下のいずれかにあてはまる場合<図2参考>
 働き始めるときに、派遣会社にて、年齢を確認できるもの、学生証、収入を確認できる書類の提示などが必要になります。
<図2> 禁止の例外にあたる場合

生活費に困る家庭で、60歳以下、学生以上は、副業などせず、安定した仕事をするように‼と云う事だ。

所謂、保険の問題が大きい。

就職しても、終身雇用は望めない。
ブラック企業でも、無いよりは良い。

下を見ればキリがないが、そこに居てできる事をやり、不満が有れば、自分の努力でステップアップしていかなければならない。

面接登録会に行く前に、気になる方は是非確認を‼行ったは良いが登録すら出来ない、そんな事にならないように‼

この記事を書いたユーザー

都こんぶ このユーザーの他の記事を見る

毎日のらりくらり、ゆるゆる生きていきたいなぁ。

得意ジャンル
  • ライフハック
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら